芸能

新婚フェロモン?「俺の家の話」戸田恵梨香の「好き」発言に“キュン死”者続出

 TOKIOの長瀬智也が主演を務める金曜ドラマ「俺の家の話」(TBS系)の第5話が2月19日に放送され、世帯平均視聴率9.7%と前回から1.5ポイントアップした。戸田恵梨香演じるさくらの「好き」と告白するシーンに、視聴者の間では衝撃が走っているようだ。

 このドラマは、主人公の観山寿一(長瀬)がプロレスラーを引退して親の介護と遺産相続を巡ってバトルを繰り広げるホームコメディ。第5話では介護ヘルパーとして観山家に通うさくらが、ひょんなことからプロレスラーを引退したはずの寿一が覆面レスラー・スーパー世阿弥マシーンであることに気付く。

 そんなある日、寿一の父で能楽の人間国宝・観山寿三郎(西田敏行)の弟子の寿限無(桐谷健太)が、実は寿三郎の“隠し子”だということがわかり、寿一と“兄弟ゲンカ”に発展。寿一は寿限無を「さんたまプロレス」の道場のリングに上げ、気の済むまで寿限無に殴らせる。そんな場面を見ていたさくらは、寿一に「どうしてやり返さなかったんですか?」「スーパー世阿弥マシーンだから?」と言い、上目遣いに寿一を見つめ「好き」と突然の告白したのだ。

 これにはネット上にも「戸田恵梨香の『好き』にやられたズキューン」「さくらちゃんの可愛さにもう私が悶絶」「あの走り方も上目遣いも反則」といったキュンキュンコメントが殺到している。

「これまでどちらかというと、謎めいた存在で、父・寿三郎の財産目当てのサブキャラかとの見方もあり、『戸田恵梨香のムダ遣い』という声もネットに上がっていただけに、この突然の告白は衝撃的でした。しかも寿一の弟・踊介(永山絢斗)もさくらのことが好きであることが発覚。ここに来てさくらを巡る三角関係が急浮上し、一気に主役に躍り出たと言えるでしょう」(芸能ライター)

 後半では、仕事を終えて帰るさくらが「この間の件ですが、返事はすぐじゃなくていいですから」とまたもや上目遣いで恥じらいながらポツリ。この思春期の恋愛模様を想起させる展開にも“キュン死”する視聴者が続出した。

 松坂桃李との結婚を経て、初めてのドラマ出演となった戸田。あふれるフェロモンは、もう誰にも止められない。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」