芸能

綾瀬はるか、Fバスト”チラっと見せ”で「馬乗り」迫った!/2021上半期艶大賞(3)

 長引く緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は、テレビと向き合う時間を増やした。艶大賞「ドラマ・CM部門」では、そんな閉塞感を吹き飛ばすような「隠されていた悩ましい瞬間」を一挙出しする。

 男と女が、刑事と殺人容疑者の立場で入れ替わる。綾瀬はるかと高橋一生の主演ドラマ「天国と地獄」(TBS系)は、1月期ドラマの大きな目玉となった。女性アイドルに明るい漫談家・ユリオカ超特Q氏がナットクの表情で話すところによれば、大林宣彦監督の「転校生」や、アニメ映画の「君の名は。」でもそうであるように男女の入れ替わりは艶っぽいシーンがつきものだという。さらに、このドラマでも、タンクトップからFカップがハミ出しそうな姿で馬乗りになるのを迫っているシーンがあるとして、「綾瀬は『おっぱいバレー』(09年、東映)に主演したように、男の要望に応えるタイプ」であることもつけ加えた。

 第5話では肌見せ度の高い黒いワンピースに身を包み、入れ替わった中身の高橋が「本当にいいカラダしてますね」とつぶやくシーンもあり、倒錯的な艶っぽさを感じさせた。

 女優きっての美バストを持つ吉岡里帆は、4月スタートの「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)でヒロイン役を。芸能評論家の織田祐二氏が解説するところによれば、初回からバスト揺れシーンがてんこ盛りで、「初回だけで4シーンも」あったとし、「計27秒42回揺れたと話題になりました」とのことだ。あまりの「激震」ぶりに“あの揺れ方はノー肌着?”と疑惑が持ち上がったほど、「奮闘していました」とも。吉岡を「石原さとみもガッキーも結婚した今、男性の熱視線を浴びる最後の女神」と評するユリオカ氏も、初主演ドラマで肌着姿のまま歩くなど「出し惜しみしない姿勢がいいですね」と絶賛する。

 近年、艶っぽい描写においても侮れないのがNHKのドラマ。6月に始まった佐藤二朗主演の「ひきこもり先生」では、元祖グラドルの嘉門洋子が体当たりの演技を見せた。織田氏によれば、「NHKらしからぬ」“爆裂バスト不貞情交”を披露したという。嘉門は不貞に走る母親役で、グラドル時代の88センチEカップ爆裂バストが復活したか、と思われるほど、半分マッパで男と絡み合っていたそうで、「視聴者から『演技とは思えない艶技がスゴかった』の声が上がりました」(織田氏)とのことだ。

 さらに、4月スタートの「きれいのくに」では、元おはガールの清純派・岡本夏美が、正常位でのベッドシーンに挑んだ。

「こんな場面が必要なのかと思うほど攻めていましたね。スレンダーボディで定評のある岡本が、屈強な若者に覆いかぶさられて、男の腰を両足で挟む。俯瞰の映像では、目を閉じ、口が半開きで、本気で感じているのかと思わされる」(織田氏)

 続いてCM篇を見てみよう。もはや、艶大賞のVIP的存在の田中みな実は、1月20日に人気肌着ブランド「ピーチ・ジョン」のミューズに就任。公開された肌着姿の画像や動画にアクセスが殺到した。織田氏によれば、「モデル風オシャレ系を排除」していて、“直球の艶っぽさ”を放つ「グラドルイメージDVD風」の出来栄えだという。マギー、こじはる、ローラ、梅宮アンナ、中村アンといった歴代ミューズを研究し、ピーチ史上、私がいちばん艶っぽい! という自信を感じさせたそうだ。

 そしてグラドルの和地つかさは、6月スタートの「ライザップ」のCMで10キロ以上の減量に成功。国宝級と呼ばれるIカップはそのままに、ウエストは19センチも引き締まった。ユリオカ氏が力説する。

「ダイエットに成功したことによって、逆にぽっちゃり派を揺れ動かしましたね。磯山さやかとか、水卜麻美アナとか、愛されるぽっちゃりの魅力を持っています」

 ユリオカ氏によれば、お茶の間に爆裂バストCMを流した功績は大きいそうだが、「リバウンドしたら、それはそれで喜ぶ層もいるという二重構造」なのだとか。夏本番には、さらに肌見せの高い映像が跋扈するだろうか─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”