スポーツ

第58回「有馬記念」“スポーツ穴党記者”一発逆転座談会(2)穴党記者たちの本命は?

20131226s

椎名 僕の本命はヴェルデグリーンです。中山実績もありますし、距離が延びていいんじゃないですかね。オールカマーで上がり33秒6というのは、中山ではなかなか使えない数字です。穴人気かもしれないけど。

水戸 おばあちゃんのウメノファイバーは、オークス馬(99年)だしな。

小田 そうですね。それに秋天の負けは大外枠で、しかも前日に雨が降った。その瞬間、相沢調教師が「明日どんなに乾いてもパンパンの馬場にはならない。もうダメだ~」って(笑)。

水戸 そういう意味でもゴールドシップとは違って、前走の着順は全然気にする必要はない。

小田 JCを省いたローテーションもいいですしね。

椎名 オールカマーを勝って秋天で負けて有馬。07年のマツリダゴッホと同じローテーションです(笑)。

水戸 万哲の本命は?

小田 ‥‥ちょっと考えさせてもらっていいですか。

水戸 まあ目移りするぐらい穴馬が多いからな。

椎名 オルフェ以外の池江厩舎4頭についてはどうですか? 僕はここでも中山適性を重視してダノンバラードを対抗にします。好位で競馬ができる強みもありますし。

水戸 雨が降れば買いだ。

小田 僕はラブリーデイですかね。3歳馬は負担重量が古馬より2キロ軽くて、有馬では3年連続で勝利している。夏は1戦だけで休養したのもいいし、仕掛けどころを熟知している蛯名騎手は魅力ですから。

水戸 新馬、特別を2連勝した時は488キロあったのに、どんどん減っていってダービーの時は470キロ。それが金鯱賞では480キロまで戻して2着だろ。今回はさらに体重が増えて本来の姿に戻るという寸法だ。

椎名 僕は中山実績を重視するので、トーセンジョーダンや、1戦多い気もしないではないけど、アドマイヤラクティのほうがおもしろいと思います。

小田 トーセンは内田騎手に乗り替わり。

椎名 口にこそ出さないものの「(ゴールドシップを)見返してやる」と、内心燃えるものがあるはずだし。

小田 アドマイヤもしぶといからねー。3連単で買うなら外せない。あとルルーシュも逃げたら怖い。

水戸 もし逃げたらな。トゥザグローリーだって、金鯱賞の中身がよかったし、中山芝2500メートルはとにかく走る。そんなに器用な脚はないのに先行して粘る。

小田 デスペラードも気になりますしね~。

水戸 「まだ余力たっぷりだから使いましょう」ってジョッキー(横山典騎手)が進言したぐらいだからな。

椎名 結局、万哲さんは本命をどれにするの? “お手馬”のエイシンフラッシュはどうするんですか?

小田 やっぱり本命かな。ダービーも去年の天皇賞・秋も有馬もずっと本命なんだけど、JCのあと、さすがにヘコんじゃって‥‥。

水戸 まさか逃げるとは思わなかったからな。

椎名 この馬は、騎手が押さえ込もうとすると、反抗しちゃうみたいなんですよね。M・デムーロは最近そういう面があるから、毎日王冠の福永騎手のように、馬に任せる乗り方のほうが合っている。今のデムーロでそれができるかどうか。

小田 去年は当日、デムーロから三浦騎手に急遽乗り替わり。うまくは乗っていましたが、今年は当日、デムーロが尿管結石を再発させないことを祈ります(笑)。

椎名 これで引退だから今までの投資分を「倍返し」どころか100倍返しで「お・も・て・な・し」してもらえるかもよ。そういう意味でも馬券を買うのは「今でしょ!」。そして当たって「じぇじぇじぇ」ってことで(笑)。

一同 ハハハハ。

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より

座談会参加者

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。本誌で「万券を生む血統論」を連載する大穴党。1年に1度は手にしてきた帯封(100万円)が今年はまだだけに、この有馬記念で実現!?

小田哲也 スポーツニッポン記者。愛称は“万哲”。近走の成績より、その馬が最も強いレースをした時を重視しての予想スタンスで数々の万馬券をヒット。そろそろ大爆発か。

椎名竜大 スポーツ報知記者。10年に穴党に転じた直後のスプリンターズSで35万円馬券を的中し一気にブレイク。カラオケ党でもあり、他人のマイクを奪ってブレイクすることもある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」