芸能

「笑ってはいけない」休止、“決定打”は「渡部の出演情報漏洩事件」との指摘!

 2006年末以来、日本テレビ系で15年間放送されてきた大みそか恒例の番組「絶対に笑ってはいけない」の休止発表に波紋が広がっている。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年越し企画として知られる同番組。ダウンタウン、ココリコ、月亭方正が各所に張り巡らされた「笑いのトラップ」に挑み、我慢できずに笑ってしまうと、罰として「ケツバット」や「タイキック」を受けるという人気バラエティだ。

 NHK「紅白歌合戦」の裏番組として、民放トップの視聴率を獲得していた「笑ってはいけない」。日テレでは今年の大みそかは、新たな特番「絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)」の生放送を予定しているという。

 今回の発表により、休止の理由を巡る憶測が飛び交っている。

「ネット上ではBPO(放送倫理・番組向上機構)の動向と結びつける見方が大半ですね」と語るのは、あるお笑い関係者。8月24日にBPOが発表した「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」の審議入り。真っ先に槍玉に挙げられると見られていたのが同番組だったのだが、同関係者は「BPOとは無関係だと思いますよ」と指摘するのだ。続けてもらおう。

「例年、番組の企画会議がスタートするのが6月頃。BPOの発表よりも遥かに前なんです。さすがにBPOの指摘を受けて、というのは時期的にありえません」

 BPO説を否定する同関係者は「やはりあの“事件”が決定打となったのでは」と語る。その事件とは─。

「昨年発生したアンジャッシュ・渡部建に関する『出演情報漏洩事件』です。女性スキャンダルで謹慎を強いられていた渡部が『笑ってはいけない』でのテレビ復帰が計画されていたものの、事前に出演情報が漏れてしまいお蔵入りになりました」

 さらなるトラブルも。

「今年3月には渡部出演パートの台本までが漏洩。こうして現場での信頼関係を重んじる松本人志が『番組休止』を決意したとみるのが妥当でしょう」(前出・お笑い関係者)

 いずれにしても、ファンにとっては寂しい限りだ。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」