芸能

コブクロ、「大阪万博」テーマ曲オファーにやっぱり巻き起こった“大ブーイング”

 男性デュオ・コブクロが11月28日、大阪万博の機運を盛り上げる「中之島ウィンターパーティー~Road to EXPO 2025~」に参加。コブクロについてはすでに、日本国際博覧会などが25年開催される大阪・関西万博のテーマソングを依頼する方向で調整に入ったことが報じられていたが、同日のトークイベントで大阪府の吉村洋文知事、大阪市の松井一郎市長が改めて公開依頼したことで、ほぼ確定したと言われる。

 コブクロは黒田俊介が大阪府出身。小渕健太郎は宮崎県出身だが、小渕が堺市の商店街で路上ライブをする中で、黒田と出会いユニットを結成するなど大阪とはゆかりがあることから、昨年2月に「2025日本国際アンバサダー」に就任。その流れでテーマソングも担当することになったようだが、やはりこれには大ブーイングが巻き起こっている。

「黒田は5月、『週刊文春』により、不貞疑惑とその相手の自死未遂が報じられ、事務所を通じ謝罪に追い込まれたばかり。一方の小渕のほうも16年に複数の女性との不貞を報じられ、当時は大きな騒動にはならなかったものの、黒田の疑惑記事が出たことで蒸し返されることとなりました。そのためネット上では《なぜコブクロ?大阪に縁のあるアーティストなんて他にもいっぱいいるだろうに》《あの不貞報道でコブクロは聴かなくなった。もう2人揃って女癖悪い印象しかないのに、万博のテーマソングって…》といった大反対の声や、さらには《もう愛だの恋だの歌っているより、不貞のリアルを歌詞にしたほうが受け入れられるのでは?》といったヤユの声まで出ていますね」(エンタメ誌ライター)

 日本国際博覧会協会は“大阪・関西万博で実現すること”として、「豊かな日本文化の発信のチャンス」を掲げている。かつて誰かが“文化だ”と唱えていたが、コブクロの全面押しによって、不貞が日本文化として発信されないことを祈るばかり!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?