女子アナ

「news23」打ち切り報道で“小川彩佳の美バスト”見納め危機!?

 12月10日発売の「週刊現代」が、小川彩佳がキャスターを務める報道番組「news23」(TBS系)の打ち切り危機を報じた。同番組は、今春から国山ハセンアナを投入したものの、期待した結果が出ていないという。

「記事によると、TBSが小川の相方に国山ハセンアナを起用したのは、視聴者の若返りを期待してのことだったのだとか。しかし、現在のところ視聴者層は変わっておらず、視聴率も4%台と大苦戦しているとのこと。そのため、“上層部が『news23』の打ち切りを検討している”とTBS局内で噂が飛び交っているそうなんです」(テレビ誌記者)

 また、記事では、局員が「すぐにでも制作費の安いバラエティや深夜ドラマに枠を振り分けたい」と本音を漏らしており、TBS伝統の報道枠自体がなくなってしまう可能性も浮上している。これには女子アナファンから、悲鳴があがっているという。

「小川はテレ朝時代から、整ったルックスとメリハリのあるスタイルで多くの視聴者を魅了してきました。そんな彼女の美ボディは今も健在で、12月7日の放送では、縦縞模様の入ったニット風衣装によりバストが強調され、ネットで『素晴らしい』と話題に。それだけに今回の打ち切り報道に対し、女子アナファンからは『小川さんの美バストが見納めになる?』『小川キャスターと(フィールドキャスターを務める)山本恵里伽アナという2大美人アナが見られなくなるのは辛すぎる』と悲しみの声があがっています」(前出・テレビ誌記者)

 2019年に小川を迎えてリニューアルした「news23」。まだ打ち切りが確定したわけではないが、もし終了となれば波紋を呼びそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」