芸能

目撃されたドン小西のダンディなデート現場

 目黒駅からほど近いビルの1階にある、カウンターだけの洒落たビストロ「R」。1月13日の夜、ひときわ目を引くスレンダーな妙齢美女が一人で入ってきた。何かのモデルかと思う整った顔立ちとプロポーション、そして清楚な色気がその場の空気を変える。

 それから数分後、恰幅のいい中年男が登場すると、親しげに美女の隣に座る。ワイドショーなどでのファッションチェックで女性に人気のあるファッションデザイナー、ドン小西氏だった。目撃した週刊誌記者が語る。

「これはもしや、特別な女性との密会では‥‥と、偶然その場に居合わせたので何気なく観察していると、女性はまず紙袋から白いセーターらしきものと真っ赤な帽子を取り出し、小西氏に手渡した。プレゼントかと思ったら、小西氏はそれを手にとってチラッと眺めると軽くうなずき、すぐに女性に返していました」

 気に入らなかったのか?それとも女性はアパレル業界の関係者で、新商品か何かを小西氏に見せることになっていたのかも。

「手を握り合ったり体を過剰に寄せ合ったりすることもなく、淡々と会話を進めていました。赤ワインを飲みつつ、運ばれてきた料理は取り分けることなく、それぞれが注文した皿を自分の前に置き、ナイフを入れる。一人で一皿、何ともクールな光景でした」(前出・芸能記者)

 ところでこの日の小西氏のファッションだが、白っぽく太い縁のメガネと帽子はテレビでよく見るそれと同じで、ややくすんだ水色のタートルネックセーターに茶色のチェック柄ジャケットだったという。これが今の中年最先端なのか。普段、街角でチェックされている女性たちなら何と評するのか(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ