芸能

深田恭子 初披露の下着グラビアで魅せた大人の色気

 我らのフカキョンがまたまた魅せてくれたッ! これまで推定Eカップのバストには定評があったが、最新ショットで挑んだのは「31歳の美尻」という初モノだったのだ

「自分の体と向き合えるようになってきた。ただ鍛えるだけではダメ。しなやかさが必要と思うようになった。今の自分をこういう形で見ていただけてありがたい」

 深田恭子(31)のなみなみならぬ自信がうかがえる。12日に発売された月刊誌「FRaU」(講談社)誌上で、自身初となる“セクシー下着ショット”に挑んだのだ。これまでビキニ姿や、09年の映画「ヤッターマン」(松竹/日活)でのボンデージ衣装はあったが、白いレースにヒップが食い込んで、まさしく“桃尻娘”となった瞬間だ。

 長らく「フカキョンウオッチング」を続けるアイドル評論家・織田祐二氏が言う。

「フカキョンは体重の増減が激しく、ピークは『ヤッターマン』の時で、衣装の胸元のホックが飛んだという伝説もあります。それに比べると今回は、彼女史上最高にスレンダー。現場には栄養バランスのいい弁当を持参していますし、週3回の加圧トレーニングに加え、年に1回は42万円もかかる『西倉式美容整体』を利用しています」

 では、どれほど刺激的な写真が並んでいるのかチェックしてみよう。まず表紙には「女って、おしり」のコピーとともに、ヒップを突き出して笑うフカキョンの姿。腰に当てた両の手のひらが、まるで「召し上がれ」と言わんばかりだ。

 そしてグラビアページでは、妖艶な黒の下着姿からスタート。プロフィール上は163センチ、B86・W62・H88となっているが、自身が「しなやかさが必要」と誓ったように、少なくとも腰回りはずいぶんと細くなった印象がある。

 さらにローマでの街頭スナップを挟み、表紙と同じスケスケの白レースが登場。やや前かがみの姿勢で、引き締まったヒップをアピール。

 そのままベッドに倒れ込んだショットでは、ここだけはスリム化を逃れた「こぼれそうなバスト」もお目見え。三十路を迎えても、フカキョンのサービス精神は高まるばかりだ。

 一方で“露出過多”を巡っては、こんな事情もあるのだとか。

「ホリプロ三人娘と呼ばれながら、女優としての格は大河ドラマの主演や紅白の司会を務めた綾瀬はるか(28)の後塵を拝した。では得意のエロ路線がどうかというと、石原さとみ(27)がドラマで過激キスを演じるなど押され気味。ランジェリー姿になることで、もう一度、存在感をアピールする必要があった」(スポーツ紙放送担当記者)

 さらに、私生活を作品にリンクさせるのもフカキョン流。10年10月には年下のイケメン俳優・五十嵐麻朝(29)との熱愛が発覚したが、今も交際は順調のようだ。

「水着ではなく下着姿を披露したのは『プライベートの私を見て!』というメッセージ。お尻を突き出すポーズには、私生活の充実ぶりも暗示させているようです」(前出・織田氏)

 ランジェリー姿を含めて3月13日に発売される写真集では、さらなる衝撃があるはず!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”