政治

細田博之衆院議長の性ハラ疑惑に「岸田総理はニンマリ」「安倍元総理にはボディーブロー」の明暗

「週刊文春」が報じた細田博之衆院議長の性ハラ疑惑が、安倍晋三元総理にボディーブローのように効いている。

 報じられたのは細田議長の女性記者への不適切な対応疑惑で、自民党内には「参院選への影響が心配だ」(幹部)との声が出ている。一方では、意外にも岸田文雄総理は冷静だという。

 それは細田議長が、議長という立場ながら、現在、政府が検討している衆院区割り10増10減案に公然と反対し「(議員は)1人当たり月額100万円未満であるような手取りだ。多少増やしても罰は当たらない」と力説したことに起因する。

 永田町関係者は、

「細田議長のイメージが悪化すればするだけ安倍氏の影響力が落ち、岸田総理は世論の後押しを味方に10増10減案を実行するのでは」

 と総理の立場を解説する。

 衆院区割り10増10減案は山口県に適用されるのは確実で、安倍氏の4区と岸田派出身の林芳正外相の3区が合併する可能性が高い。安倍氏と林外相ともに地盤は強く、一度でも比例に回れば、県下の勢力図は変わる。政界への影響力を維持したい安倍氏は、意地でも選挙区候補にこだわるつもりだ。

 そんな中、安倍氏の総理在任中は清和会を預かって細田派を名乗り、議長に就任したのも安倍氏の威光があってとされる細田議長は、安倍支援を考えてか10増10減案に反対したが、それが裏目に出た形だ。

 また、福田達夫総務会長の存在もある。55歳、清和会の創始者である故・福田赳夫元総理の孫で、将来の総理候補だ。

 総理官邸関係者が言う。

「福田総務会長は細田議長のふるまいを良く思っていない。原則を重んじる人だけに、岸田総理が10増10減案に関して、安倍氏に少しでも気配りすれば黙っていないだろう」

 清和会は安倍派と言われるが、福田系列の方が集金力はある。派内から不満が出るようであれば、安倍氏も立場がないのだ。

 細田議長の性ハラ疑惑、うまく対処すれば、岸田総理が党内バランスを自分に有利にする好機となるかもしれない。

(健田ミナミ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽