スポーツ

投手陣に内紛!巨人に巻き起こる「桑田真澄を1軍投手コーチに復帰させよ」

 投壊に見舞われた原巨人に、桑田真澄ファーム総監督の「1軍投手コーチ復帰コール」が巻き起こっている。長年、プロ野球取材に携わってきたベテラン遊軍記者は、チーム内の雰囲気について、次のように説明する。

「4月30日の広島戦に、11失点で敗戦。4月を借金3で終えたことで、完全にピリピリムードですね」

 丸佳浩や坂本勇人の主力打者が開幕から不調な上に、4番の岡本和真も、本塁打はわずか2本(4月終了時点、以下同)。好調なのは打点、本塁打部門で首位争いをしている中田翔ぐらいなものだろう。それでもチーム打率や総得点はセ・リーグ6球団でも上位だが、目を覆いたくなるのは投手陣だ。

 若きエース・戸郷翔征は3勝しているが、他の先発や中継ぎ陣が機能せず、チーム防御率はセ・リーグ最下位の3.90。リーグ5位の広島が2.74ということを考えれば、惨憺たる状況は明らかだ。

 スポーツ紙デスクはその原因の一端について、

「阿波野秀幸チーフ投手コーチと投手陣が、あまりうまくいっていないのです。過去、横浜や中日で投手コーチを担った時もそうでしたが、間違ったことは言っていないものの、結構な体育会気質で厳しい。打たれた投手が萎縮しても不思議ではないのです。昨年の桑田コーチとは正反対で、戸惑いもある」

 桑田ファーム総監督は現役時代から、体育会気質や根性論に反発してきた。そのため、昨シーズンは「ジャイアンツ愛」の旗印の下、無理強いするような原監督の投手起用に異を唱えることも多かった。それが原監督との間に溝を生じさせ、今シーズンから配置転換された理由だとされている。球団OBが苦笑する。

「監督やコーチが厳しいのは、仕方がない部分もある。それでも桑田コーチは体を張って守ってくれたのに、と思っている選手もいる。甘えといえば甘えだが、それも時代の流れかもしれない」

 桑田コーチの1軍復帰でチームが激変するとは限らないが、もう藁にもすがる時期が来ているかもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「お酒大好き!」高橋凛に聞いた超絶ボディーを維持する「我慢しないお酒の飲み方」

    Sponsored

    デビュー10年目の節目に7年ぶりの写真集をリリースしたグラビアアイドルの高橋凛さん。職業柄、体型の維持には気を使っているそうですが、「ほぼ毎日嗜む」というお酒好き。それでもスタイルをキープできているのは、先輩から聞いたり自分で編み出した上手…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平「裏の顔は麻薬王」だった!「効き目はヘロインの50倍」でアメリカに仕掛けた「新アヘン戦争」
2
「新将棋会館」クラファンで異彩を放つ「藤井聡太VS永瀬拓矢」シークレット観戦料80万円
3
【サッカー日本代表】森保監督は課題を解消できず!闘莉王がズバリ指摘した「最大の弱点」
4
「驚愕の北朝鮮」裏面史…金正恩一族は「テレポーテーション超能力」で空間を飛び越え瞬間移動した
5
掛布雅之が阪神・佐藤輝明に「5番より3番」昨季は2割5分だった打順を推す3つの理由