芸能

江角マキコ 「バカ息子」落書き事件の笑激波紋

20140925esumi

 江角マキコの元マネジャーによる、長嶋一茂邸への落書き事件。落書きする必然性が見当たらない元マネジャーがあくまで自主的にやったことであり、江角自身は知らなかった、という不可解な言い分に、どれほどの人が納得しているかは推して知るべし。実はこの一件、球界でも大いに話題になっていたという。

「球界の人間はみな、『なんで江角は一茂がバカ息子だということを知ってるんだ?』と口々に話していましたよ。なぜ今さらなのか、ということも含めて不思議がっていた」

 笑いながらこう明かすのは、さる在京球団の関係者である。

「ボンボン=バカ息子のイメージも後押ししているわけですが、一茂は其の手のエピソードに事欠かなかった。現役時代、買ったばかりの高級車ソアラを運転して球場にやってきた一茂に、選手たちが『どうしたの? ローンで買ったの?』と尋ねたところ、平然と『ローンって何ですか?』と答えたり」

 その後、一茂のことではなかったと分かり、事態は落ち着いたが、

「一茂夫人が江角に対して『あの女を許さない!』と激怒しているそうです」(スポーツ紙デスク)

 との噂も。

 果たして、もうひと波乱あるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…