スポーツ

メジャー挑戦「7人のサムライ」を実力査定(1)「まったく必要ない」と酷評

 今オフはまさに流出ラッシュ! セ・パ主力選手がFA、ポスティングで次々とメジャー挑戦を表明し、プロ野球マスコミを騒がせている。だが、その意気込みに反して冷ややかな反応だったり、いらないチームに勝手に売り込んで物議を醸したりと、日米の査定にはかなりの温度差があるようで‥‥。
 巨人のお家騒動が一段落し、野球マスコミの注目は例年にない数のメジャー挑戦者に集まっている。ヤクルト・青木宣親(29)、ソフトバンクからは、川﨑宗則(30)と和田毅(30)、楽天・岩隈久志(30)、西武・中島裕之(29)、横浜・真田裕貴(27)、そしてついに動いた大物、日本ハムのダルビッシュ有(25)。日本では屈指の実力を誇る7人のサムライだが、アメリカでの評価は意外なものだった。
 その典型が、FAの川﨑である。何しろ「イチロー選手と同じチームだけを希望します」と宣言したのだ。他球団から好条件のオファーがあっても、「行きますと言うわけがない」と断言し、マイナー契約も受け入れるというのだから。
 マリナーズを「逆指名」するという前代未聞の行動に出た川﨑は、代理人もマネジメント会社もイチローと同じものを選ぶほど、イチローに心酔。だが、名指しされたマリナーズのズレンシックGMは「入団を希望してくれるのはうれしいし、誇らしく思う」と獲得に前向きなコメントを発表したものの、実は大困惑なのだ。大リーグ研究家の友成那智氏が憤慨する。
「困りますね、これは。アメリカのメディアではバカにされていますよ。『何で来るんだ? まったく必要ないのに、なぜ獲る?』と。遊撃手ではゴールドグラブ賞候補になったライアンという、抜群に守備範囲の広い選手がいる。川﨑は二塁、三塁も守れるというが、二塁にはアクリーという3番打者がいるし、三塁は強打者のポジションなので、非力な川﨑にはやらせません」
 マリナーズはメジャー30球団中、得点力が最下位という超貧打線。
「だからイチローと同タイプの非力な選手はまったく必要ないんです。入団したとしても完全に控え要員。一説には、イチローが任天堂元社長の山内溥オーナーに、獲得を進言したとも・・・・。球団も(獲得する際の)言い訳に苦労している」(友成氏)
 欲しいわけがない選手をしぶしぶ獲るハメに。その実力もまるで評価されていないのに、だ。
「川﨑のプレーを見たスカウトは『3人の中でいちばんヘタ。あのショートはダメだ』と失格の烙印を押している。3人というのは川﨑、中島、ツインズの西岡剛(27)。確かに打撃も守備も、あの力量ではメジャーでレギュラーを張るなんて無理ですよ」(スポーツ紙デスク)
 さらにマリナーズ関係者は、こんな「エラー」も指摘するのだ。
「マイナー契約も受け入れるというが、メジャーとマイナーはキャンプが別々。シーズン中もシアトルから車で1時間半のタコマが本拠地で、イチローとはプレーできません。『それがわかってて来るのか?』と球団スタッフは失笑している。そもそも何をアピールするのか。走力、守備力? やっぱり打撃力なしにメジャーに上がるのはかなり苦しい」
 みずからまいた種とはいえ、前途は超多難で、
「思い出作りの1年になるでしょう。ダメだったらソフトバンクに戻ることになっている。だから球団も『行ってこい』と余裕なんです」(前出・デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ