芸能

テリー伊藤対談「今野杏南」(1)中学生当時から胸が大きかった

20150101_08cc-3

●ゲスト:今野杏南(こんの・あんな) 1989年生まれ、神奈川県出身。グラビアアイドル・女優・作家。B86・W59・H83。11年から本格的にグラドルとして活動をスタートし、12年に「日テレジェニック2012」に選出されて以降、各誌のグラビアを数多く飾り、注目を集める。今年4月にはみずから執筆した官能小説「撮られたい」(TOブックス)を発表し、小説家デビューした。最新写真集「more(モア)」(ワニブックス)が発売中。

 極上Fカップ美女が自身のあられもない欲望をひもといたら‥‥グラドルとしての活躍はもちろん、昨今は官能小説家としても頭角を現している今野杏南。お色気ムンムンの中学生時代の話からエッチな話まで、天才テリーの前で包み隠さず丸裸で答えてくれた!

テリー きれいになったなあ。彼氏でもできた?

今野 全然。でも最近「きれいになったね」って言われることが多くて、うれしいです。

テリー そうだろう。あやしい薬でも飲んでるんじゃないの? 「セクシードラッグ」とか。

今野 ハハハ、飲んでないです(笑)。

テリー デビューが14歳と早いんだよね。きっかけは「フェロモン中学生」っていう仕事?

今野 はい。テレビ東京の生放送の番組内で、大人っぽい中学生を集めたユニットのような感じで。

テリー じゃあその時から、自分はきれいだと気づいてたんだ。

今野 気づいてはいなかったですけど、周りの人から「大人っぽい」とは言われていました。

テリー 胸も大きかった?

今野 そうですね。その時から胸も大きかったです。

テリー そうすると、当時から色っぽい下着とかつけてたの? 何てったって「フェロモン中学生」だもんね。

今野 それが私、下着はすっごく普通だったんですよ。中学生の時は普通に子供の下着でしたね。布で。

テリー 「布」(笑)。それはまたマニアが好きそうなやつじゃない。スクール水着系というか。

今野 しっかりした生地っていうんですかね。面積も小さくなくて、体にいいやつというか(笑)。シースルーだとかレースとかじゃなかったです。

テリー 今はどうなの。

今野 最近やっとそういうのに目覚め始めました。遅いんです。

テリー 今日はどうなの。

今野 今日? 今日は「サンセット系」です。

テリー えっ?

今野 ハワイアンです。

テリー そう言われてもわかんないんだけど。ちょっと見せてよ(笑)。

今野 アハハハハハ。

テリー 「サンセット」って沈んでいくんだよ。「日没」って意味じゃん。

今野 あ、そうですね。

テリー てことは、パンツが小さくなっていくってことかな。

今野 違う違う(笑)。サイズは普通なんですけど、柄がちょっとトロピカルな感じ。

テリー なーんだ。じゃあ中学生で注目されて、その後はどうしたんですか。

今野 「フェロモン中学生」は1年間あったんですけど、そのあと高校3年間はフットサルをやってたんです。「タレントフットサルチーム」っていうのがあって。

テリー ああ、何かそういうのあったね。チームは何人でやってたの?

今野 スタメンは5人で、チームは全部で10人くらいいました。試合にはファンの人が来てくれるし、テレビ取材もよくあったので、練習を頑張ってレギュラーの座を獲得しましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性