芸能

お相手は神田沙也加の元カレ!安倍なつみ「熱愛報道」のしたたかな舞台裏

20150108abe

 元「モーニング娘。」の安倍なつみ(33)がミュージカル俳優の山崎育三郎(28)と真剣交際中であることが、元旦にスポーツ紙で報じられた。

 安倍といえば、かつてはモー娘のエースとして人気を集めたが、最近は女優として舞台を中心に活動しており、テレビなどでの露出は減少傾向にある。

 一方、安倍の交際相手とされる山崎は、過去には神田沙也加(28)との交際も話題になったイケメン舞台俳優だ。

 そんな安倍と山崎は現在、同居はしていないものの、お互いの家を行き来する仲だそうで、安倍の年齢もあって、このまま順調にいけば近くゴールインすると各紙は伝えている。

 ところで、なぜこの時期に2人の交際が大々的に報じられたのかは気になるところだ。

 安倍と山崎の交際は、すでに11年8月に一部女性誌が伝えており、その後も写真週刊誌が焼肉デートを報じるなど、業界内では広く知られた既成事実だった。

 それをさも新たなスクープのごとく、このタイミングで3紙が同時に報じるというのは、なんとも不思議な話だが‥‥。

「各スポーツ紙は例年、元旦に芸能スクープを報じるのが慣例になっていますが、今年はその前に米倉涼子&会社経営者や東出昌大&杏、染谷将太&菊地凛子などが結婚を発表してしまったこともあり、完全な“ネタ枯れ”状態になっていました。そこで日頃付き合いのある懇意の芸能プロダクションと相談して、タレントサイドも傷つかないスクープを仕込んだのでしょう。なっちも33歳だし、今さら熱愛が報じられたところで商品価値が下がるようなことはないですからね」(芸能プロダクションマネジャー)

 こうした構図の裏では、所属事務所サイドとしても相談に乗るメリットがあるという。

「所属事務所とすれば、最近露出の少ないなっちの話題性が上がることで商売になりますからね。そもそも以前に熱愛が報じられた時は、相手の山崎が沙也加と別れたばかりで、どうしても“神田沙也加の元カレ”というイメージがありました。ある程度時間を置いたことでそういったイメージも薄れているし、そろそろ安倍の交際相手として、明るみにしてもよいという計算もあったでしょう。そもそも所属事務所がゴーサインを出さない限り、3紙が同時に同じネタを報じるなんてありえませんよ」(前出・芸能プロマネジャー)

 安倍は熱愛報道を機に、復活を果たすことができるのか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故