スポーツ

新春!テリー伊藤スクープ対談!「清原和博」が号泣激白(4)“自決”の文字が頭をよぎった

20150115d-2

テリー 流した涙の中で学んだことは何ですか。

清原 「後悔」しかなかったですね。息子からの手紙に「野球を教えてください」って書いてあるんですよ。そんな手紙、一緒に生活している時はそんなに心に入ってこなくて、夜、銀座に出たり、飲みに出たりとかしていましたけど‥‥息子たちがいなくなって初めて、彼らの思いがすごく伝わってきたんですね‥‥(声を震わせ目に涙がたまる)。

テリー うんうん‥‥。

清原 やっぱり3年生、6年生になってくると、僕が野球やってきたことも理解してくれるようになって、やっと一緒に野球ができるかな、という時に自分のせいでこういう結果になってしまって‥‥(目にためた涙を拭う)。

テリー 子供たちの野球のセンスはどうですか。

清原 いや、2人ともすごいものを持っていると思います、本当に。上の子は同じ年齢の頃の僕より野球センスがあると思いますし。

テリー 確かに昨年は清原さんにとってつらい1年だったかもしれないけど、年が明けて、流れが変わってくるような気がするんですよ。

清原 実際、生きる力を失った時期がありました。自決しようと思った時もありました。でもそんな勇気もなくて、代わりに糖尿病の治療を一切やめたんですよ。

テリー 治療をやめた「自決」の気持ちが、どんなふうに変化したんですか?

清原 息子たちが野球をしている姿を見て、もうちょっとその成長を見ていたいという気持ちが湧いてきたんです。それでこの取材をきっかけに、実はこれから病院に行ってあらためて検査してもらおうかと思っています。もうちょっと生きてみようかな、と思って。

テリー そんなの当たり前ですよ! そこはきっちり頼みます。ちなみに今、彼女はいるんですか?

清原 みごとにこれだけカラッカラに干からびたことはありませんね。あと糖尿病ですから、そっちはダメなんです。

テリー ダメじゃないですか、清原がそっちがダメだと! それが一番の大問題じゃないですか(笑)。

清原 いろんな薬もありますけど、そこまでしてやろうという気力さえも起きなかったですね。

テリー 確かに1年でそれだけの涙を流していたら、そんな気にもならないよね。

清原 だから、本当にもぬけの殻というか。

テリー ファンがいちばん気にしているところだと思うんですが、今後、野球に関してはいかがですか。

清原 今の12球団を見渡すと、何だかドラマの「半沢直樹」みたいなムードとかぶって見えるんですよ。

テリー 例えば?

清原 オリックスの監督だった大石(大二郎)さんっていますよね? それがシーズン終わった直後に、ソフトバンクのヘッドコーチが決まってるわけですよ。じゃあ、僕らが一緒に戦っている間にソフトバンクと接触を持ってたのか?と。そういうびっくりするような人事が12球団でいっぱいあるわけです。しかも今は、これまで野球界で生きてこられていない方が実権を握っているじゃないですか。そういう状況に、僕みたいなのはいちばん使いづらいタイプだと思うんです。

テリー そうかなぁ、おもしろいと思うけどねえ。例えば「二軍のコーチからやってくれ」って言われたら?

清原 全然問題ないですよ。ただ、せめて下の3年生の子が中学校に入るぐらいまでは彼らの成長をゆっくり見ていたいという気持ちがあるんですね。

テリー 子供にとっては、これからが大事な時期だものね。じゃあ、これからの清原さん自身の夢は?

清原 やっぱり昨年は、はっきり夢を持てなかったです。でも、このまま自宅で引きこもるのも何ですから、四国八十八カ所とかを巡ったりして自分を探しに行ってみようかなと漠然と考えてみたりしています。まだ決定というわけじゃないんですけどね。

テリー そうかあ。今年こそ、清原さんの明るいニュースが聞きたいね。

◆テリーからひと言

 清原さんって、こうやって話を聞けば、みんな絶対に好きになるよね。本当はナイーブでいいやつなのに、誤解されているのが本当に悔しい。糖尿病、早くよくなるといいね。

●ゲスト:清原和博(きよはら・かずひろ) 1967年生まれ、大阪府出身。83年夏、PL学園の1年生にして4番を打ち、5期連続で甲子園に出場し、史上最多の13本の本塁打を放つ。85年、ドラフト1位で西武に指名され入団。86年、打率3割4厘、本塁打31本、打点78で最優秀新人賞を獲得。96年にはFA宣言で読売巨人軍に移籍。05年にオリックスに入団し、サヨナラ安打およびサヨナラ本塁打歴代トップに立つ。08年シーズンをもって現役を引退、現在に至る。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕