芸能

批判が収まらない!「相棒13」「○○妻」はなぜ史上最低のラストになったのか!?

20150323dorama

 今期ドラマの最終回が続々と放送される中、衝撃的すぎるラストを迎えたとして、視聴者から酷評の声が殺到している。

 まず人気シリーズの「相棒season13」(テレビ朝日系)は、3年にわたって杉下右京(水谷豊)の相棒を務めてきた成宮寛貴演じる甲斐享巡査部長が、実は犯罪者だったことがわかり逮捕という最終回。この結末にファンからは怒りの声があがった。

「冒頭から5分で甲斐=犯人が確定。全体を通してどこにも謎がない。杉下をだますほどのトリックもない。犯行に正義もない。あまりに取って付けたような結末でした。シーズンを通して少しでも伏線を張っていればよかったのですが、いきなり相棒が逮捕では唐突すぎる。それによってこれまでの成宮の活躍が、すべて茶番になってしまったわけですから、もう再放送も見たくないという声もあがっています。強引な展開に呆れた視聴者の興味を取り戻すには、かねてから噂されている女相棒・仲間由紀恵などを起用し、テコ入れするしかないでしょうね」(テレビ誌ライター)

 また、同じく批判の声が殺到したのが、柴咲コウ主演の「○○妻」(日本テレビ系)だ。

「東山紀之と柴咲コウ演じる契約夫婦が、正式に結婚することになり幸せを掴んだやさき、川辺で不良グループに暴行されてしまう。柴咲は意識不明の重態となり、ラストはそのまま死亡という、何の救いもない結末に視聴者は愕然となりました」(テレビ誌編集者)

「○○妻」といえば40.0%の高視聴率を記録した「家政婦のミタ」脚本家の遊川和彦が手掛けている。今回のドラマは彼特有の作家性が出ていた、と前出のテレビ誌ライターは続ける。

「遊川脚本は『家政婦のミタ』『女王の教室』など突飛なキャラクター造詣で視聴者を引っ張るロケットスタート型の作家です。なので、最後には息切れしてしまうことも多い。それを打開するためにバッドエンドで、さらなる衝撃を与えようとするのですが、放送後の視聴者からの評判はいつも良くありません。朝ドラの『純と愛』では主要人物が昏睡状態から目覚めないまま終了し、その時も視聴者をガッカリさせました。今回も“またか!”という感じで、もはや視聴者にとって彼のバッドエンドは、想定の範囲内の衝撃となり、意外性はなくなっています」(前出・テレビ誌編集者)

 4月からは「○○妻」の後番組に「Dr.倫太郎」がスタート。視聴率男・堺雅人が主演を務めるが、呆れ果てた視聴者がもう一度チャンネルを合わせてくれればいいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発