芸能

「水曜歌謡祭」で株が上がった工藤静香と下がった森高千里

20150416kudo

 歌手の森高千里が初司会を務めることで話題となった音楽番組「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)が15日にスタートした。

 同局にとっては21年ぶりとなる生放送の音楽番組で、森高のほか、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が司会を担当。15日の初回放送は2時間スペシャルで36組56人のアーティストが出演したが、平均視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という結果となった。

「同番組は年末恒例の大型音楽番組『FNS歌謡祭』のスタッフが制作する音楽エンタテインメントショー。人気アイドルから実力派アーティストまでが共演する、いまや貴重な音楽生番組です」(芸能ライター)

 そんな一回目の放送で、評価の明暗がわかれた二人の女性アーティストがいる。前述の森高千里とゲスト出演した工藤静香だ。

「森高は膝上丈のスカート姿で登場し、変わらぬ美脚を披露しました。しかし、司会役は不安視されていた通り。声は小さく気の利いたコメントもない。かといってニコニコしているわけでもなく、正直向いてない印象です」(芸能関係者)

 ネット上でも「コメントに心がこもっていない」「『ハイ』しか言えないのか」と散々だ。

 一方で、再評価ムードが高まったのが工藤静香。番組ではAKB48、ももいろクローバーZのメンバーとコラボ。「恋するフォーチュンクッキー」や「禁断のテレパシー」、山口百恵の名曲「イミテイション・ゴールド」などを歌った。

「若いアイドルとコラボしたことで、工藤の歌唱力の高さがより一層引き立っていました。また、スタイルの良さにも驚き。もともとすごく細いタイプでしたが、子供を2人産んだ中年とは思えないボディラインは、プロ意識の高さを見せつけました」(前出・芸能関係者)

 また、工藤が自身のデビュー曲「禁断のテレパシー」を歌った際には、「歌唱力ハンパない」「やっぱり本職の歌手だわ」と絶賛、「今まで嫌いでスミマセン!」と心改める人まで現れた。

「アイドル時代から評判だった工藤の歌唱力は健在。これを機に本格的な歌手活動の再開を熱望する声が高まることでしょう」(前出・芸能ライター)

 思わぬところで株を上げた工藤と、下げてしまった森高。往年のアイドル対決の勝敗は、工藤がまずは1勝といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!