芸能

高島彩「教祖義母を拒否」

 フォークデュオ・ゆずの北川悠仁(35)との豪華披露宴が話題となった元フジテレビアナウンサー・高島彩(33)。新婚で幸せも絶頂と思いきや、嫁姑問題という暗雲が垂れこめている。

 昨年10月20日に結婚した高島が純白のウエディングドレス姿を披露したのは2月25日。横浜市内のホテルで昼夜2部制の約7時間にわたり、出席者は約500人にも及んだ。芸能カメラマンが話す。
「1部では小田和正(64)に続き、さだまさし(59)が『秋桜』を歌い上げました。フジテレビ幹部や芸能事務所の幹部はもちろん、宗教団体の関係者と見られるお坊さんのような参加者も数多くいた。2部は芸能界やテレビ局の参加者が目立ちましたね」
 そんな披露宴を終えたばかりの高島が、早くも頭を抱えているという。
「北川の母親は、昨年からマスコミ露出、仕事の量まで、高島にはいろいろ条件を付けてきた。それを守ってきたわけですが、結婚と同時に態度を変えたのです」(スポーツ紙芸能担当記者)
 姑、すなわち北川の母親といえば、新興宗教「かむながらのみち」の教主という肩書の持ち主。芸能担当記者が高島の「変貌ぶり」について、続けて説明する。
「今年1月、教団関係者へのお披露目を兼ねた集会をドタキャンし、姑の不信を買った。しかも『私は(宗教活動には)関わりたくない』と漏らすなど、姑とは一線を画している。その姑はマスコミの取材に対し、『いろいろとお話したいことはありますけど、(息子から)話すなと言われています』と、不満を押し殺すようなコメントを発した。北川も板挟みで困っているようですね」
「姑拒否」で、仕事をセーブすることもなくなったかと思えば、思わぬ「障壁」も生まれている。フジテレビ関係者が話す。
「4月改編で午前から午後に移動する情報番組『知りたがり!』の新MCには、NHKからフリーになった住吉美紀(38)の起用が決まっています。が、もともとは高島の名があがっていた。それが、『宗教団体の家へ嫁いだ高島が、例えば宗教絡みのニュースを読んだりするのはどうなのか』というスポンサーからの意見を考慮し、見送られました。オセロ・中島の霊能師洗脳のように、スピリチュアルな案件を扱うのもふさわしくない、と」
 当の本人が関わりを拒否しようとも、「イメージ」は付きまとうようで‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!