芸能

鈴木亜美 12歳年上恋人を罵倒する凶暴「女王様素顔」

 いつの間にかアラサーを迎えた、歌手で女優の鈴木亜美(30)。昨年11月、一回りも年上の一般男性との“お泊まり愛”を写真誌にスクープされたものだったが、すでにあみ~ゴがブチギレて破局していたという。

 アイドル時代の01年にジャニーズの滝沢秀明との交際を写真誌に報じられて以来、浮いた話のなかったあみ~ゴ。それだけにロマンス発覚直後は、真剣交際と伝えられたものだった。芸能レポーターが話す。
「彼女の所属先が、『いい年ですから、本人に任せています』と答えたことで、早期結婚まで噂されたものです。相手の男性にしても飲食店勤務と報道されましたが、映画事業ファンドなどに投資する、かなりの資産家で、エンターテインメント関連に興味を抱いているやり手。ライブ会場のVIP席でも見かける人物だったそうで、まさに“玉の輿”という見方でした」
 年の差こそ12歳も開いていたが、2人の相合傘デートはラブラブモード全開。あみ.ゴが身長180センチオーバーのイケメンの腰に手を回せば、そっと彼の手が肩に添えられる。レコード会社関係者が話す。
「2人は昨年の夏、知人の紹介で交際をスタートさせたんですが、秋からは事実上の同棲状態だったと聞いてます。報道では、亜美ちゃんのマンションとなってましたが、あそこは彼の持ち物。すでに所属事務所から与えられていた超高級マンションを離れ、一緒に生活していたみたい」
 写真誌はマンションで一夜を共にする2人の様子だけでなく、昨年10月下旬に韓国と香川県の小豆島で婚前旅行を楽しんでいたことも報じられた。
 前出の芸能レポーターが話す。
「それだけに彼女は、エンターテインメント事業に詳しい彼に全幅の信頼を寄せ始めていた。ところが、彼はバツイチで、子供までいたんです。もちろん、離婚成立後の交際だったが、かつて歌姫と呼ばれ、お嬢様育ちの彼女としては大ショック。『子供がいるって、どういうことよ! 結婚してたなんて聞いてないわよ!』と、マジギレして飛び出したようです」
 しかし、交際には大反対だった所属レコード会社は歌姫の破局は歓迎の様子。大人の恋に破れた、あみ~ゴの復活劇に期待大だ。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由