芸能

76歳の千葉真一、女子大生と交際の原動力は北朝鮮スパイ愛用の媚薬だった!

20151112chiba

 54歳下の女子大生と交際、2度目の妻とは離婚調停中。その元気の秘訣は中国王室秘伝の薬と報じられた俳優の千葉真一(76)。その幻の秘薬の素性がわかってきた。

 先月放送された「ダウンタウンなうSP」(フジテレビ系)に出演した千葉は、元気の秘訣を聞かれ、中国王室が使っているという薬を愛用していることを告白。どうやらその薬、北朝鮮版バイアグラ「天宮百花」ではないかというのだ。

「北朝鮮の山で採取、草1トンからわずか1グラムの成分を抽出して作られる。その筋の愛好家にはこたえられない秘薬です」(芸能ライター)

 そしてこの薬について調べると、物騒なエピソードが判明。ベテランの芸能ライターが明かす。

「この薬にスポットが当たったのは7年前。脱北者を装い韓国でスパイ活動をしていた疑いで、北朝鮮国家安全保衛部(秘密警察)所属の女工作員、元正花(ウォン・ジョンファ)被告が摘発されたのですが、同被告から押収した錠剤に『天宮百花』があった」

 英語名「Queen’s Appeal」といい、ラベルには天女をイメージした妖艶なイラストが描かれているそう。

「いわゆる媚薬です。元被告は貿易会社を経営し、これを1瓶4万ウォン(約3900円)で売って工作資金にしていた。また、韓国軍の将校ら情報源を抱き込む際も、この薬で気を引いていたそうです。内分泌代謝と血液循環を促進、男女の性機能を素早く高め、欲情を起こし、老化を軽減させるそうです」(前出・芸能ライター)

 千葉の元気を奮い立たせる薬が、中国王室はおろか、北朝鮮のスパイまでが御用達の薬だったとは‥‥。

(栄巌鉄)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”