社会

池上彰 そうだったのか!日本復興を阻む「敵」(6) 国債暴落“魔”のシナリオ

──日本の国債が暴落したら、どうなるんでしょう?
 まず、1つは、国債が売れないわけで金利がものすごく跳ね上がることになります。要するに、今、例えば5年モノとか10年モノとか発行済みの国債は普通に市場で売買されているわけです。それが需要と供給の関係で値段が下がるわけですね。でも、満期になって戻ってくる値段は変わらない。この差額の利息がこれまでよりも増えるわけですよ。ということで、金利がたいへん高くなるというわけです。
──金利が高くなれば庶民は助かるのでは?
 なるほど、確かに預金の金利は上がりますが、それで桶屋が儲かるとはいかないんですね。まず、その高くなった金利に合わせて国債を発行しなければいけない。今は、日本は1%足らずの金利で国債を発行できていますが、それが突然、10~15%になる。日本の全ての金利というのは、1年以上の国債の金利を基準に決められているんですね。そうすると住宅ローンから何から突然17~18%、20%になるわけです。銀行からお金を借りようとした時にです。もちろん預ける預金の金利も上がりますけど、庶民は一切お金が借りられなくなりますよ。
──それは困ります。
 それに加えて第2に、日本の信用が落ちるわけですから、極端な円安になります。輸出は増えますが、輸入品はものすごく高い値段になる。ガソリンがいったいいくらになるのか、プラスチック製品は全て石油製品ですから、とてつもなく値段が上がります。私たちの身の回りの生活必需品の値段がとてつもなく跳ね上がる超ハイパーインフレになってしまうんです。
──‥‥。
 加えて、S&Pとかムーディーズとか格付け会社が、日本がこの消費税増税法案が通らなければ、国債の格下げを検討しているとすでに発表しています。今格下げされないでいるのは「ちゃんと消費税を増税するんでしょ」ということ。だから格下げはこれ以上しないで待っていてあげますよという話なんですよ。
──当然、格付けは下がりますよね。
 そうすると、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と言って、国債が紙くずになっちゃった時の保険というのがあるんですが、その保険が商品になっていて誰でも買えるんですよ。だから日本の国債が非常に信用が高い時にはCDSは低いんですよ、保険料だから。その低い時にCDSを買っておいて消費税法案が廃案になった瞬間、日本の国債に対する信用が失われますからCDSがポンと跳ね上がるんですよ。その時売れば大儲けできるんです。消費増税反対と言っている人たちがCDSを買っておくと大儲けできるんですけどね。
──消費増税廃案がお金儲けにつながるんですか。
 それを虎視眈々と狙っているハイエナがいっぱいいる可能性もありますね。
──野田総理の消費増税で国会は空転しています。
 だって、自民党の谷垣総裁だって消費税を10%にする必要があると言ってたでしょ。じゃ、やりゃいいじゃない、っていう話ですよ。
──それでも審議が進まないのはなぜでしょう?
 消費税を上げる点では意見は一致しているんですからね。小沢元代表を切ろうと、こういう話でしょ。そういう意味で、政治家が政争に明け暮れているというのは無責任ですよ。消費税を上げなきゃどうにもならないと思っても次の選挙で落ちるのが怖いから、「俺は反対したんだけど」と言い逃れしたいんですね。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明