社会

池上彰 そうだったのか!日本復興を阻む「敵」(6) 国債暴落“魔”のシナリオ

──日本の国債が暴落したら、どうなるんでしょう?
 まず、1つは、国債が売れないわけで金利がものすごく跳ね上がることになります。要するに、今、例えば5年モノとか10年モノとか発行済みの国債は普通に市場で売買されているわけです。それが需要と供給の関係で値段が下がるわけですね。でも、満期になって戻ってくる値段は変わらない。この差額の利息がこれまでよりも増えるわけですよ。ということで、金利がたいへん高くなるというわけです。
──金利が高くなれば庶民は助かるのでは?
 なるほど、確かに預金の金利は上がりますが、それで桶屋が儲かるとはいかないんですね。まず、その高くなった金利に合わせて国債を発行しなければいけない。今は、日本は1%足らずの金利で国債を発行できていますが、それが突然、10~15%になる。日本の全ての金利というのは、1年以上の国債の金利を基準に決められているんですね。そうすると住宅ローンから何から突然17~18%、20%になるわけです。銀行からお金を借りようとした時にです。もちろん預ける預金の金利も上がりますけど、庶民は一切お金が借りられなくなりますよ。
──それは困ります。
 それに加えて第2に、日本の信用が落ちるわけですから、極端な円安になります。輸出は増えますが、輸入品はものすごく高い値段になる。ガソリンがいったいいくらになるのか、プラスチック製品は全て石油製品ですから、とてつもなく値段が上がります。私たちの身の回りの生活必需品の値段がとてつもなく跳ね上がる超ハイパーインフレになってしまうんです。
──‥‥。
 加えて、S&Pとかムーディーズとか格付け会社が、日本がこの消費税増税法案が通らなければ、国債の格下げを検討しているとすでに発表しています。今格下げされないでいるのは「ちゃんと消費税を増税するんでしょ」ということ。だから格下げはこれ以上しないで待っていてあげますよという話なんですよ。
──当然、格付けは下がりますよね。
 そうすると、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と言って、国債が紙くずになっちゃった時の保険というのがあるんですが、その保険が商品になっていて誰でも買えるんですよ。だから日本の国債が非常に信用が高い時にはCDSは低いんですよ、保険料だから。その低い時にCDSを買っておいて消費税法案が廃案になった瞬間、日本の国債に対する信用が失われますからCDSがポンと跳ね上がるんですよ。その時売れば大儲けできるんです。消費増税反対と言っている人たちがCDSを買っておくと大儲けできるんですけどね。
──消費増税廃案がお金儲けにつながるんですか。
 それを虎視眈々と狙っているハイエナがいっぱいいる可能性もありますね。
──野田総理の消費増税で国会は空転しています。
 だって、自民党の谷垣総裁だって消費税を10%にする必要があると言ってたでしょ。じゃ、やりゃいいじゃない、っていう話ですよ。
──それでも審議が進まないのはなぜでしょう?
 消費税を上げる点では意見は一致しているんですからね。小沢元代表を切ろうと、こういう話でしょ。そういう意味で、政治家が政争に明け暮れているというのは無責任ですよ。消費税を上げなきゃどうにもならないと思っても次の選挙で落ちるのが怖いから、「俺は反対したんだけど」と言い逃れしたいんですね。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!