芸能

あの「一世風靡」女性ボーカルたちは今(1) プリンセスリンセス「再結成ツアー」に20万件申し込み 久宝留理子「献身介護」で夫がガンを克服!

 大震災後のチャリティライブで、かつて一世を風靡した歌姫たちが大活躍している。懐かしい魅惑のボーカルは、深い喪失感を知った心にしみいるのだろうか。ヒットチャートのトップをにぎわせたあの女性ボーカルたちの今を追った!

 不振の音楽業界にあって、かつてミリオンヒットを飛ばした女性ボーカリストたちが表舞台に返り咲き、気を吐いている。一方で、いつの間にかひっそりと姿を消した歌姫たちもいる――。
 気を吐く“返り咲き組”で記憶に新しいところでは、「モーニング娘。」の安倍なつみ(30)や中澤裕子(38)らOGたちが昨年1月に「ドリームモーニング娘。」を結成。現役メンバーたちをコーラスに追いやるほどの勢いを見せている。
 さらに、今年1月にはボーカル・岸谷香(45)=旧姓・奥居=率いる「プリンセス・プリンセス」も約16年ぶりに復活。11月の全国コンサートには約20万件の申し込みが殺到して即日完売。急遽12月の東京ドームでの追加公演が決定した。
 また、同世代で活躍した浜田麻里(49)は2月にリリースしたアルバム「Legenda」が音楽チャートで9位にランクインし、往年のパワーを見せつけた。
 芸能評論家の三杉武氏はこう明かす。
「2月には『レベッカ』のNOKKO矢井田瞳(33)が一緒にアコースティックライブを開催。ドラマ『ヤンキー母校に帰る』の主題歌で知られる奥田みわも居酒屋のアルバイトなどを経て“奥田美和子”と改名。最近発表した『人生に乾杯を!』が健闘しています」
 片や、“消えた歌姫”といえば、00年にリリースした「月光」が人気ドラマ「TRICK」の主題歌に起用され、一躍脚光を浴びた鬼束ちひろ(31)。
 10年に交際相手の男性から全治1カ月暴行を受けるなど、私生活のトラブルで注目を集めたが、最近はその美声は聞こえてこないままだ。
「歌手活動は続けていますが、ヒットには結び付いていません。04年に以前の所属レコード会社と衝突し、活動を休止したのが大きかった」(音楽業界関係者)
 99年のデビュー曲「あなたのキスを数えましょう」がミリオンヒットを記録し、コギャルメイクで話題となったのは小柳ゆき(30)。その後「愛情」「be alive」も好セールスだったが、洋楽志向がアダとなり、人気は急降下。06年の「誓い」ではセミヌード姿を見せたが復活はならなかった。
 また、事情を抱えて音楽活動から遠ざかった歌姫もいる。久宝留理子(43)は、01年に人気バンド「SOPHIA」のキーボード・都啓一(40)と結婚し、2児の母に。血液のガンに侵された夫を献身的に支え、都は昨年8月、活動を再開した。
 白いTシャツ姿がトレードマークで“女・尾崎豊”の異名をとった橘いづみ(43)やラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティもしていた加藤いづみ(43)も結婚し、家庭を優先しているようだ。
 そんな中、実業家としても活躍しているのが「ロマンスの神様」などがヒットし“冬の女王”と呼ばれた広瀬香美(46)。09年の「とろけるリズム」以来、新曲はないが‥‥。
「広瀬さんは大沢たかおさんと離婚後、08年にアメリカ人の夫と再婚。最近はヒットには恵まれていませんが、ボーカルスクールを経営したりしています」(前出・音楽業界関係者)
 その他、「さよなら大好きな人」のヒットで知られる女性デュオ「花*花」のこじまいずみ(36)はボイストレーナー兼音楽療法士に。「おんなになあれ」などのヒットを持つ森川美穂(43)は大阪芸術大学で准教授を務めるなど、一線から身を引き、後進の指導に当たっている者も多い。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ