芸能

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(6)「あの美女たちの名言」発掘調査-その1-

20160421w

 あの清楚な女優にも、今では押しも押されもせぬ大女優にも、銀幕の中では「衝撃のセリフ」と向き合うことは避けられない。いずれ劣らぬA級フレーズを徹底リサーチ!

「硬い‥‥ああ、離れがたいってこういうことを言うのかしら」

 露天風呂の中で、男の股間に手を伸ばしてそうつぶやく。そして、湯につかったまま女が上にまたがったり、へりに手をついて男がバックから激しく腰を振ったり‥‥。

 女は樋口可南子(57)、そして男は勝新太郎。代表作である「座頭市」(89年、松竹)での1シーンで、目の見えない市に、樋口のしなやかな全裸がかぶさる隠れた名場面である。濡れ場の数では他を圧倒する樋口の、面目躍如となった作品だ。

 近年はコミカルさも押し出している鈴木砂羽(43)は、デビュー作の「愛の新世界」(94年、G・カンパニー)が衝撃的。夜はSM嬢のバイトをしているが、昼間は劇団の研究生。そして、劇団員にとっては「誰にでもやらせてくれるありがたい存在」だ。

 そして劇団員との騎乗位ファックに没頭しながら、こう叫ぶ。

「今夜はナマでOKだからね」

 日本映画初の完全ヘアヌードとしても話題になっている。

 そして日本を代表する2人の熟女が濃密なバトルを展開したのが「丑三つの村」(83年、松竹富士)だ。岡山・津山30人殺しを題材にした猟奇的な作品だが、主人公である古尾谷雅人に、五月みどり(76)は“筆おろし”をほのめかす。

「ヒマやったら遊びにおいで。女ひとりの夜は長すぎて‥‥」

 夫が出征中の身ゆえ、若い古尾谷に夜這いを指示。そして上にまたがって若い肉体を食い尽くすと、あえぎながら言う。

「あんたのがええわ」

 もう1人、池波志乃(61)もまた、夫の出征で熟れた肉体を持て余し、古尾谷の股間をなでながらつぶやく。

「村一番の男の味ってどんなやろか」

 こうした風習が、悲劇的な結末へと向かわせていった──。

 美保純(55)が30年ぶりに濡れ場を解禁と話題になったのが「捨てがたき人々」(14年、アークエンタテインメント)である。五島列島の小さな島で居酒屋を営むあかねに扮し、ヒロインである京子(三輪ひとみ)の叔母という設定。京子には狸穴(大森南朋)という夫がいるが、あかねと狸穴も情事を重ねる仲である。

 知り合ってから10年が経ち、還暦を迎えたあかねに対して狸穴は言う。

「おばちゃん、まだまだ女だねえ」

「先がないんだ。できるうちが女だからね」

 そして湯船で2人は、熟れた肌を重なり合わせてゆく‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”