スポーツ

松井秀喜 「逆襲のフルスイング」(5)

 メジャー昇格直後に、ツーランホームランを放ち、健在ぶりをアピールしたレイズの松井秀喜。プロ入団以来、長年親しんできた背番号「55」から「35」に変更して、心機一転。その裏には、チーム事情のみならず、プロとしての矜持が込められていたのだ。

監督も絶賛「マツイは真のプロ」
 松井秀喜外野手(37)がメジャー昇格と同時に“一発回答”を出した。5月29日(現地時間)、タンパベイ・レイズに合流し、いきなり「6番・左翼」でスタメン出場した。メジャー通算4球団目となる白地の新ユニホームに刻まれた背番号は「55」ではなく、「35」。若手有望株の左腕、マット・ムーアが「55」を付けているため、「空き番号」の中からこの背番号を選んだという。
 新ユニホームに袖を通した直後、松井はジョー・マドン監督に呼ばれた。
「3Aダーラムの遠征先であるインディアナポリスからレイズの本拠地・セントピーターズバーグまで、松井は飛行機で4時間強の強行移動でした。27日にも3Aで『ダーラム─ノーフォーク間』を陸路で3時間以上もかけて移動していたので、マドン監督は松井のコンディションを心配していました」(米国人スポーツライター)
 しかし、松井は「アイム、レディ」と即答した。
「準備はできている」
 その不退転の決意が第2打席での一撃につながり、マドン監督も「マツイは真のプロフェッショナルだ」と確信した。
 スタンドのファンも“ニューゴジラ”を拍手で迎えた。
 この日の報道陣の数は日米合わせて、約50人。好奇の目、独特の緊張感が漂う中で結果を出したのは、さすがである。翌日の地元メディアも「マツイのバットがレイズに利益をもたらす」「尊敬すべきマツイがみずからの価値をすぐに証明した」(タンパ・トリビューン・電子版)、「敗戦の中での光明」(タンパベイ・タイムズ)と、好意的に伝えていた。
「ダイヤモンドを一周した時は厳しい表情でした。ナインに出迎えられ、初めて笑顔が見られました。緊張していたと思います」(現地特派員の一人)
 試合後、松井は報道陣の要請で会見に応じている。「マイナーでの1カ月間」について聞かれると、少し考えてから、「このあと、いいプレーができれば、いい期間だったということになるんじゃないですか」と答えた。「35番」の新しい背番号を選択した理由については、こう答えている。
「5番も残したかった。一番の理由は師匠の番号を一ついただきました」
 師匠とは、説明するまでもないだろう。長嶋茂雄巨人終身名誉監督のことである。巨人時代の両者の関係をよく知るプロ野球解説者の橋本清氏が、松井の心境をこう評する。
「55番にこだわっているのは日本のファンだけで、とにかく、メジャーでもう一回プレーしたい・・・。その気持ちが松井本人にとっての最優先だったと思います。左膝の故障のことが長く懸念されていたが、松井は昨季、何試合か(課題の)守備にも就いているし、レイズがいくら故障者続出でも、DHで打つだけだったら、今日の契約はなかったと思います。『守備もできる』ということも証明できたから、復活できたんでしょう。今後も厳しいサバイバルレースが続くと思いますが、いいスタートが切れたんだから頑張ってほしいし、長嶋さんも皆も応援していると思います」
 師匠・長嶋氏は各メディアを介してエールを送っている。
「松井君らしい豪快なホームランに感動しています。シーズン途中に、しかもマイナーからのスタートでしたが、そこからはい上がり、(中略)そのたびに逆境を乗り越えてきた彼の強さを見た気がしました。本拠地のファンをつかんだ背番号『35』のさらなる活躍を心から祈っています」
 この「師弟関係」こそが、松井をマイナーからはい上がらせた原動力と言っても過言ではないだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手