芸能

℃-ute岡井とイケメン俳優のお泊りにファンが「最悪の裏切り行為」と激怒

20161018cute

「もういい加減にしてほしい!」と、ファンもさすがにウンザリだ。

 10月13日発売のフライデーが、℃-ute・岡井千聖がA.B.C-Zの塚田僚一らと3対3の合コンに楽しんでいたことを報じている。

 同誌によれば、六本木のうどん屋でスタートした宴は、その後カラオケバーに移動。最終的には岡井の自宅でのお泊りに発展という。

 岡井宅には塚田と女性1名を除いた男女2名ずつで向かったようだが、男性メンバーは「クイズヘキサゴンII」(フジテレビ系)から生まれたユニット「サーターアンダーギー」の元メンバーの松岡卓弥と、イケメン俳優集団「STYLISH BOYS」の坂本真一といずれも文句なしのイケメンだ。

 男と2人きりでお泊りしたわけではないのが唯一の救いだが、アイドルとして軽率な行動であることは間違いないだけに、報道を聞いた℃-uteファンたちは怒りを露わにしている。

「今年4月には℃-ute最年少メンバーの萩原舞が男性と手を繋いでいる現場を週刊文春に報じられ、ファンに大きなダメージを与えました。その件でファンの信頼をかなり失ったようですが、来年6月のさいたまスーパーアリーナ単独公演をもって解散することを発表してからは、ラスト1年は全力で℃-uteを応援していこうとファンたちの士気も高まっていたところ。それだけに今回の岡井の報道は全てをぶち壊してしまったようです」(アイドル誌記者)

「どんだけ意識が低いグループなんだよ」「一気に萎えた」「メンバーたちもさっさと卒業してイケメンとイチャイチャしたいってことね」「もう、ライブも行きません」など、ファンは解散コンサートすらボイコットしそうな勢いだ。

「イケメン集団とお泊りというのは、アイドルファンにはもっとも残酷な仕打ち。あと1年、我慢できなかったのでしょうか。その後の活動にも影響しかねないだけに、軽率としかいいようがありません」(アイドル誌記者)

 来年で12周年を迎える℃-uteは、結成時は全員が小中学生だった。これまで青春返上で頑張ってきただけにバッシングは気の毒な気もするが、どうにもバレ方が残念すぎたようだ。

(佐伯シンジ)

関連記事:℃-ute解散の決定打は週刊文春の「手つなぎ」報道が話題にならなかったから? http://www.asagei.com/excerpt/64620

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々