芸能

2016年「神ってる艶美女」大賞!<CM部門>市川紗椰「ユアタイム」よりニュースなCM姿

20161222p

 CMに目をやると、「トリンプ」ブラの篠原涼子(42)と「ニベア プレミアムボディ」の吉瀬美智子(41)が艶CMを牽引するツートップ。さらに、五十路にして初のアンダーウェアCMに出演した松田聖子(54)と熟女化に拍車がかかるところだが、この流れに待ったをかけたのが、「ワコール ときはなつブラ」の市川紗椰(29)なのだ。

「ときはなつ」

 自分に言い聞かせるように宣言すると、恥じらうことなくブラウスをバッとはだけ、堂々、正面からの白ブラヌードを見せつける。さらにカーテンを開いて窓の外へ飛び出ると、ブラウスのボタンを外したままの姿で野外露出を敢行するのだ。

「重力を一切無視して前に隆起した、みごとな美パイが見てとれます。そんじょそこらの美乳とはモノが違う。もはやニュースなど読んでいる場合じゃない。『ユアタイム』よりも『サヤパイ』を推すべきでしょう」(芸能評論家・織田祐二氏)

 さらに若さあふれる谷間を揺らしたのは、携帯ゲームアプリ「モンスターストライク」のCM。グラビアアイドルの都丸紗也華(20)が、真っ赤な水着をこれ見よがしにプルプルさせたのだ。織田氏が続けて言う。

「かつてはアイドルユニットのセンターとして活躍していたのですが、ようやく重い胸、おっと、重い腰を上げてグラビア界に進出してくれました。88センチFカップの揺れは、並みのグラドルでも簡単にマネできるものではありません。この勢いに乗って、どんどんCM界を揺らしてほしい」

 そもそもこの携帯ゲームアプリのエロい流れを作ったのは、三国志をテーマにした片山萌美(26)の「三国天武」だった。織田氏が畳みかける。

「今年の巨乳CMはここから始まったと言っても過言ではありません。スリット切れ込みの激しいチャイナ服は、露出度ドーン。豊かに突き出た部分だけが申し訳程度に隠れているハミ乳衣装を男たちに見せつける、ゲーム攻略『特別授業』がたまらない。最後の『さっさとオトしなさい』という刺激的なセリフにも、イチコロでした」(前出・織田氏)

 9月に発売した写真集「人魚」(集英社)に続き、来年1月発売予定の第2弾「裸芯」(講談社)では文字どおり、一糸まとわぬ裸身を披露している。

「手足が長いうえに巨乳にくびれありと、まさにCGのような完璧ボディは、かつてのサトエリを連想させる。今後のエロス界の台風の目になるのは間違いありません」(ライター・尾谷幸憲氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然