エンタメ

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑩ 遠山奬志(元阪神)松井秀喜を手玉に取った「左キラー」の生き様!(1)

 まさかの戦力外で去就が注目されるばかりの松井秀喜が、メジャーに挑戦するはるか前の話。日本の各球団が手を焼くばかりだった左のスラッガーにも、顔を見たくないほどの天敵がいたのである。左のサイドスローから内角への厳しいシュートで松井を翻弄した、元阪神・遠山奬志を忘れてはいまいか。

13打席無安打に抑えた1年

 マウンドで監督のサインを見た瞬間、目を疑いました。いくら僕との相性が悪いといっても、向こうは仮にも巨人の主砲。プライドだってありますからね。正直、「これは松井君も怒るだろうな」と思いましたよ。ただ、気持ちはすぐに切り替えられました。こっちはいつ二軍に落とされるかわからない立場なんで、とにかく必死でしたから。

 99年6月13日、対巨人戦。大一番の勝負に、甲子園は割れんばかりの声援で覆われていた。というのも、7回裏二死三塁という場面で、阪神は代打の石井浩郎を敬遠。3番・松井秀喜(38)との勝負を選んだからだ。当時、松井は25歳。すでに球界を代表するスラッガーに大成し、前年には本塁打、打点王の二冠に輝いている。

 遠山奬志(45)は、その松井をおもしろいように手玉に取っていた。この日も外に逃げるスライダーで簡単に追い込むと、いつものようにインコースのシュートで空振り三振。大歓声の中、何食わぬ顔で遠山がマウンドを降りると、松井はその姿をニラむことしかできなかった。

 投げる前から松井君が怒っているのは、はっきりとわかりました。打席に立つ顔つきもいつもと違いましたよ。高校生の時には明徳義塾と対戦して、5打席連続敬遠をされているような選手ですから、よけいに腹が立つでしょう。バッティングもいつも以上に力んでいた。「絶対に打ってやる!」という気迫を感じましたね。でも、試合をする以上はガチンコ勝負。キャッチャーの矢野が僕の所まで来て、「遠山さん、フォアボールとかは気にせず、初球は様子を見ましょう」と言いましたが、こういう場面では全てが勝負球なんです。様子見で投げてしまうと、どうしてもボールが甘めに入ってしまう。あの時はこちらも「絶対に抑えてやる」と気持ちだけで投げました。だから、投げ終わった時の疲労感は尋常ではなかったです。

 遠山は99年の1年間、松井を13打席ノーヒットで抑えるなど、対巨人戦の左打者に対して抜群の強さを見せた。こうして遠山は「松井キラー」としてファンからも認識されるようになったのだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ