芸能

広瀬すず 女優としての成長とともにボディと恋愛も成熟中?

20170223q

 CMに、映画にと絶好調の広瀬すず(18)。アサ芸記者が見た急速に成熟化したそのボディをじっくり中継! 成長の背景を探った。

 2月2日に行われた「第41回エランドール賞」の授賞式に出席した広瀬すず。

 ステージに姿を現すと、圧倒的な存在感に来場者からどよめきが。新人賞を受賞した広瀬がお辞儀をすると、胸元がググッとせり上がり、その重みが確認できた。この日広瀬が履いていたのは、10センチほどの高いヒール。爪先立ちのおかげでヒップは、薄地のロングスカートの模様がゆがむほど、ぷりんと盛り上がっていたのだった。

 18歳にして恐るべき「成熟化」を遂げている広瀬だが、本人は悩んでいるとか。ある芸能担当記者が明かす。

「広瀬本人は、太りやすい体質をとても気にしています。太すぎず、細すぎずな男性好みの肉感を維持するのは、並大抵の努力ではないのです」

 授賞式の日は少し顎のラインがふっくらしていたが、ふだんから広瀬本人も、

「ちょっと油断すると、顔に出ちゃう」

 と、コボすほど二重顎を気にしている。とはいえ女優としては堂々としたもので、授賞式後の囲み会見でも実に堂々と記者の質問に答えていた。

「以前なら、『えっ‥‥』と言葉に詰まる場面が多く見られましたが、スラスラと自分の言葉で受賞の喜びを語っていました」(前出・芸能記者)

 今年元旦には「初体験」も済ませている。日刊スポーツが初スキャンダルとなる俳優・成田凌(23)との熱愛を報じたのだ。

「事務所の先輩の北乃きい(25)は、10年7月に若手俳優との『お泊まり』をフライデーされ、人気が暴落。そのこともあって、事務所は常日頃から、『特定の異性を作らないように』と注意し続けていた。今回、報道で交際を知り、大激怒しています」(前出・芸能記者)

 広瀬サイドは即座に否定文を掲載。2月9日には、イベントに登場した広瀬本人が「1年以上お会いしていないです」と、火消しに躍起である。ところが芸能記者のもとには、不可解な目撃情報が多数寄せられているという。前出とは別の芸能記者が耳打ちする。

「最近でも成田が住む三軒茶屋周辺で、広瀬の姿が目撃されている。成田との接点が見つからないため、真相はわからないが、多くの記者が注目している」

 広瀬といえば昨年11月時点で、CM出演企業数が10で、出演CM本数は14のCM王女である。大手代理店社員が語る。

「過保護と言えるほど、広瀬を守っています。実際、テレビドラマに関しては今は視聴率が稼ぎにくく、主演しても『(視聴率)惨敗女優』とレッテルを貼られるおそれがあるとかで、ドラマのオファーには、興味を示さないほどです」

 かわいい「娘」にはもっと旅が必要!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故