エンタメ

「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面

 北野組の映画撮影は独特で、1週間撮影したら次の1週間は監督がテレビのスケジュールを入れているために休みとなる。

 六平はテレビの仕事で北野監督と共演したこともあるという。08年のドラマ「あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」(TBS系)で、北野武は東条英機役、六平は軍令部総長・永野修身役だった。

 そこには、北野組の現場とはまったく違う、役者・北野武がいた。

「楽屋で他の役者さんがいるのに、監督とずっと2人だけでしゃべってたよ。あまりにもしゃべるもんだから、助監督に『うるさいです。迷惑になりますから、静かにしてください』って怒られましたよ(笑)。『何だよ、あいつ、俺たちにうるせーって言いやがって。オイラ主役だよ』って監督は怒ってましたけど(笑)。本番前に監督は『六平さん、俺は東条のセリフ全部覚えたから、完璧ですよ』と自慢げに言ってましたけど、最後の長ゼリフは、きっちりカンペ見てました(笑)」

 北野はメガホンを取る時とは違うリラックスした様子で、「俺は覚えてたんだけど、助監督がカンペ持ってたから、それを見ただけなんだよ」

 と、言い訳したそうだ。

 リラックスといえば、六平は07年公開の「監督・ばんざい!」(東京テアトル/オフィス北野)で演じた、肩の力が抜けたシーンを振り返った。

「演じた空手の師範役は、監督との即興のコントという感じでしたね。監督は『このシーン、俺と六平さんしかセリフないから本番いっちゃおうよ』って言うわけ。台本がないから『監督、セリフはどうしましょう?』と聞いたら、『大丈夫、ホワイトボードに書いて目の前に置くから』って一度のテストもなかったよ」

 正座してる空手の弟子たちに向かって、説教するように、「長いものには巻かれろ」「負けるが勝ち」「触らぬ神に祟りなし」と、金言を延々と読むシュールなシーンだった。

「北野組の撮影は異常に速いですね。朝9時開始で、普通の組だったら夕方から夜まで行くパターンですけど。サクサク撮っちゃう」

 はや23年の監督歴を誇るが、その撮影スタイルは不動のようである。

 さて、最新作「アウトレイジ ビヨンド」(ワーナーブラザース映画/オフィス北野)の公開も間近(10月6日)だが、試写会で北野監督は、「新しい時代の暴力映画が撮れたと思う」と語っている。

 北野映画に欠かせないバイオレンスについて、六平はこう語る。

「世の中には暴力と平和しかないと思わない? 戦争って暴力でしょ。市民を巻き込んで殺してしまうわけだから。犯罪ってのはある意味、全て暴力。映画は暴力を描くか、愛の物語しかないもんね」

 六平は北野映画を全て見ているというが、「愛」を描いた話は、99年の「菊次郎の夏」(オフィス北野/日本ヘラルド)を、そして「暴力」は、90年「3‐4×10月」(松竹)でのスナックの場面で「トイレが臭い」と言った客の女をガダルカナル・タカ演じるマスターが酒の瓶で「野グソでもしてろ!」と言って女をぶん殴るシーンをあげた。

「あれは衝撃的だったね。北野映画って、暴力が等身大でドキュメンタリーみたいなんだよ。ウソ臭くないんだよね」

 そんな北野映画の世界に六平はどっぷりと漬かっている。とはいえ、「出してください」とは言えず、次回作のオファーをじっと待っているという。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明