芸能

“20年契約”のローラが「それでも事務所を訴えられない」ワケとは?

 タレントのローラが芸能界休業もありうる窮地に立たされているようだ。実質的に20年間にもわたる長期の専属契約で不当に拘束されていると報じられているのだが、この契約は民法で禁じられている公序良俗違反に該当する可能性が高く、裁判に打って出ればローラ側が勝訴するのは濃厚と見られている。

 だが、コトはそう簡単にはいかないというのだ。芸能ライターが耳打ちする。

「芸能界でタレント側が事務所を訴える場合、相当な覚悟が必要。周りから見れば『話し合いで解決できなかった』とか『仲裁してくれる有力者がいなかった』と見られてしまうからです。それこそ、のん(能年玲奈)や清水富美加でさえ、前事務所を訴えるまでには至っておらず、間に弁護士を挟んでの申し入れに留めているのが実情。しかも彼女たちには今後の活動を支えてくれる後援者的な存在がいるのに対し、ローラには誰もついていないと言われています」

 それではローラはこのまま、不当な契約に縛られ続けられることになるのか。彼女の今後を前出の芸能ライターが占う。

「日本の芸能界に見切りをつけ、海外に活動拠点を移すという選択肢は非現実的。とはいえ、現在の所属事務所も不当契約が知れ渡ったことから、順調に仕事を取ってくることは難しいでしょう。そうなると現実的なのは事務所移籍ですね。移籍金を払っての完全移籍になるのか、それとも“業務提携”という名のレンタル移籍になるのかは状況次第ですが、遠くないうちにローラの所属先が変わる可能性は高いはずです」

 芸能界的には、ローラの知名度と美貌は「金の成る木」ということか。ともあれ今回の騒動も意外にあっさりカタが付くのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声