芸能

「新ドラマで市議選出馬」前田敦子が地元の市議選に出れば当選確実だった!

 10月スタートの月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)に登場する選挙ポスターが話題だ。市議会選挙をテーマにした同ドラマでは、候補者役を務める出演者たちの選挙ポスターを9月3日に公開。中でも元アイドル役の前田敦子は、その可愛らしい笑顔がかつて流行した「美人すぎる市議」を彷彿させ、ネット上では「当選間違いなし!」との声も聞こえてくるほどだ。

「もし前田が本当に市議会選挙に出馬したら、間違いなく当選するでしょう。彼女は千葉県出身で、地元の市議会では15年に選挙が行われており、当選者の最低得票数は1551票でした。この程度の票数は、かつてAKB48の選抜総選挙で1位に輝いた彼女なら確実に集められるはず。しかも現在は18歳選挙が実施されており、知名度の高い前田に投票する若者は少なくないでしょう。もしかしたらトップ当選の可能性もありえますよ」(週刊誌記者)

 ただ、市議会レベルでは元タレントが出馬するケースはあまり多くない。国会を目指すよりハードルは低いように思えるのだが、やはり地方議員では魅力が足りないのだろうか? 週刊誌記者が続ける。

「実は市議会議員もけっこう魅力的な仕事。市民の生活に密着しているので活躍が目に見えやすいですし、市役所が持つ許認可権限は意外に多いので“族議員”も珍しくありません。その一方で細かい仕事が多いのでけっこう多忙ですし、選挙区内に一年中いるので有権者からの監視も強い。お飾り気分では務まらない仕事でもあるのです」

 どうやら市議会議員はタレント兼任で務まる仕事ではなさそうだ。やはり全国区の知名度を誇る前田には、国政選挙のほうが似合っているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?