スポーツ

本田真凜「5000万円契約」は「綾瀬はるか」超え(2)独占インタビューも可能に

 CMの契約金は、人気のバロメーターだけでなく、将来性も加味されるもの。アイドル女優で見てみれば、よくわかる。

「10年前に1500万円だった新垣結衣(29)は一時期不振で伸び悩んでいたのですが、昨年のドラマ『逃げ恥』で低迷から脱し、一気に一流の証しの3000万円クラスに。一方で、最盛期に3000万円だった上野樹里(31)は結婚やとんがった言動もあってか、値崩れが著しく、大手芸能プロに在籍しながら値段がつかない状況です」(代理店関係者)

 CMタレントの契約額はさまざまな要素が絡むが、真凜のようなスポーツアイドルのケースでは、JOC(日本オリンピック委員会)や所属先の連盟に支払われる強化費や肖像権などが加味され、通常よりも価格がアップすることもあるという。スポーツライターがその内情を明かす。

「昨年1月、読売新聞東京本社、朝日新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社の4社は、東京五輪・パラリンピック組織委員会とオフィシャルパートナー契約を結んでいます。中でも読売新聞は02年、JOCとオフィシャルパートナー契約を締結。新聞界唯一のJOCオフィシャルパートナーとして、04年アテネ五輪から14年ソチ冬季五輪まで常に日本選手団をバックアップしてきた実績があり、20年東京大会の招致活動も支援してきたものです。今回の本田姉妹とのアンバサダー契約で、JOCとの関係がより強化され、スポーツ支援に積極的であるというアピールにもなった。破格な契約の裏には、そんな側面も見え隠れしますね」

 さらに、スケート連盟とマスコミの関係も興味深いという。このスポーツライターが続けて指摘する。

「今のスケート連盟とマスコミは、いびつな関係なんですよ。例えば、現役時代の真央ちゃんや五輪連覇を狙う羽生君の公式戦の移動に関して、帰国などの発着便を発表していない。こんなマスコミとの関係は、スケート連盟だけですね。空港で取材に応じるかどうか、それは選手しだいとしても、その情報を隠す姿勢が問われている。その一方で、放送権を持つテレビ局には手厚い優遇があり、しばしばテレビ朝日の独占インタビューが行われる。その点でも、今後は放送権のない読売系列のテレビ局やグループ会社の新聞が、半ば所属に近いアンバサダー契約をしたことで、真凜ちゃんの独占取材をすることが可能となりそうです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場