芸能

紅蘭が「薬物犯歴」恋人との同棲発覚直前に「マサイ族」愛を熱弁したワケ

 11月1日発売の「週刊新潮」で草刈正雄の長女・紅蘭が、法律違反の薬物での逮捕歴があり、現在更生プログラムに通っているラッパーの恋人と同棲していることを明かしている。

「交際のキッカケはそのラッパーのミュージックビデオに紅蘭が出演したことだそうですが、去年7月にケンカになった時に警察に相談した際、彼から薬物反応が出て逮捕されたそうです。しかし、今年7月に出所したばかりの彼と、紅蘭は別れる意思はなく、当初交際に反対していた父も、服役中の彼に毎週手紙を出し、面会にも行く娘に、しだいに何も言わなくなっている状況だったそうです」(芸能ライター)

 彼氏であるラッパーは母がケニア人とのハーフだというが、なるほどというべきか、この同棲発覚の直前の、さる10月24日放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で、紅蘭は、自身の恋愛観を強烈なインパクトとともに明かしていたのだ。

「この番組は女性タレントの恋愛観を探るインタビュー番組。紅蘭には、まず番組が用意したイケメン100人の顔写真が載ったアルバムを見せて、理想のタイプを選ばせた。ところが、紅蘭は『これはちょっとキツイ』などと言いつつ、全員にダメ出ししたんです」(前出・芸能ライター)

 何でも男性に求めるものを聞かれると「生命力」だそうで、こんな持論を展開した。

「ここでバーッて地震があった時とかに、サッサッサッッ、動きがシャシャッシャと何が何でも生き延びる覚悟がある人」「生命力の中でもジャンプ力(が大事)。地球からの離れ方とか考えてもらったらいいんですけど。地に足つけるんじゃなくて、地から足めっちゃ外れちゃうみたいな」。

──そんな彼女の理想のタイプは「マサイ族」だという。「一斉に跳んだ瞬間、『初恋した!』みたいな感じ。いわゆる『ズッキューン!』みたいな感じなんですよ」

 インターナショナルスクールに通い15歳の時にアメリカ留学するなど海外経験も豊富な紅蘭は、バックパッカーとして訪れたアフリカの地でマサイ族に出会い、以来、恋い焦がれているのだという。番組はシステムエンジニアを目指して日本の専門学校に通う28歳のセネガル人を紹介。その彼がベンチを飛び越える映像を見た紅蘭は「ヤバーイ!ひっさびっさに興奮しました」と大喜び。

「司会のくりぃむしちゅー・有田哲平らが誰も共感してくれないことに気がついた紅蘭は『ジャンプ力、わかんないかな~~!!』と地団太を踏み憤っていました。その興奮ぶりに出演者は開いた口がふさがらない状態でした」(前出・芸能ライター)

 この時は、もちろん恋人はいない設定になっていたが、アフリカの魅力を語ることで、同棲中の彼氏への愛情を、番組を通して送り続けていたのかも!?

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明