芸能

「地方なめんな!」の声まで…浜崎あゆみ、ライブ短縮・中止続発でファン困惑

 突発性難聴や急性副鼻腔炎、急性咽頭炎など、体調不良に見舞われることの多い浜崎あゆみ。11月17日に開催予定だった全国ツアー「Just the beginning-20-TOUR 2017」宮城公演が、今度は気管支炎のために中止となった。

「浜崎の公式サイトでは17日当日『本日医師により過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました』と中止を発表。浜崎も自身のTwitterで『自己管理を含めてのプロです。なんの言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉すべて胸に刻みます』と謝罪していました」(エンタメ誌ライター)

 ファンからは「大丈夫だろうか、とても心配」「あゆ、大丈夫かな?急性気管支炎だからきついよね ゆっくり休んで」と心配の声が上がったものの、一部では「公演時間を過ぎてからの中止、まぢありえない」「地方なめんな!」など、当日になっての公演中止に怒りの声が上がった。

 実は、浜崎は11月に行った別のライブでも、「曲数が少ない」と批判を浴びたばかりだった。

「浜崎は10日、11日と大阪公演を行ったんですが、10日のライブで機材トラブルがあり、開演が1時間も遅れました。そのため新曲を含む3曲がカットされ、これにクレームが上がっているんです」(イベント関係者)

 ネットでは「同じ値段を払って、曲数カット」「待った上に3曲カットはひどすぎます」という怒りの声がみられる。そもそも今回の全国ツアーは、不可抗力とはいえ、中止が相次いでいたのだ。

「9月16日に予定していた徳島公演は、台風18号の影響で中止。10月22日に開催予定だった兵庫・神戸国際会館こくさいホールでの公演も、台風21号の影響のために中止となっています。そのうえ、今回は気管支炎で中止ですからね。天候などの仕方のない事情はあるにせよ、ここに来て自分で体調を崩してしまったのは、いかにも間が悪かった。これではライブを楽しみに待っているファンが、困惑したり、怒ったりするのも無理もありませんよ」(前出・エンタメ誌ライター)

 浜崎の全国ツアーは、来年の2月の沖縄公演をもってフィニッシュとなる。はたして、「平成の歌姫」は、この逆風を乗り切ることができるか!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”