スポーツ

今年も一層の波乱は必至?大相撲「初場所の変」はこんなにあった!

 1月17日に4日目を終えた大相撲初場所。昨年の秋巡業先の鳥取で起きた元横綱日馬富士の暴行問題、またそれに端を発した一連の騒動で、良くも悪くも今まで以上に注目を集める場所になっていたが、その当事者の1人である横綱・白鵬は3日目で早くも土がつき、照ノ富士は病気休場、3月の春場所での十両転落の可能性が濃厚となっている。

 そんな今場所の注目点としては、2横綱、鶴竜・稀勢の里の成績。騒動の陰に隠れていたが、この両力士はこの何場所か休場が目立っており、横綱の務めを十分果たせていない。初場所の結果次第では進退を問われる。日馬富士の引退で“4横綱時代”が終わりを迎える中、さらに横綱の引退が続くようなら、角界にとって非常に大きな痛手となる。

 ところで、大相撲を初場所時に絞って振り返ると、過去5年間を振り返っただけでも、角界にとって節目となるような出来事が起きている。

 2013年は“巨人・大鵬・卵焼き”として人々に広く愛された昭和の大横綱・大鵬が場所中にこの世を去り、オールドファンの間に大きな衝撃が走った。翌14年の初場所では当時大関の稀勢の里が右足の親指を負傷し千秋楽を欠場。それまで現役2位だった連続出場記録が953でストップした。15年には白鵬が、大鵬が保持していた幕内最高優勝記録である32回を上回る33回目の優勝を達成し、その後記録を40回まで更新。16年は大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりとなる優勝を飾った。そして昨年の初場所では稀勢の里が悲願の初優勝、これにより14年ぶりとなる日本出身横綱が角界に誕生した。

 こうして見てくると、今年の初場所でも、まだまだ何かが起こると予想できそう。ちなみに、歴史上、最も多く横綱が引退を迎えているのもこの初場所なのだ。今回の騒動の影響で理事から降格した伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)・貴乃花親方も例に漏れず、かつて初場所中に現役引退を表明している。

 例年以上の喧騒の中で迎える今年の初場所。千秋楽までの残り11日間、土俵内外においてどんな展開が待ち受けているだろうか。

(戸畑マサシ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!