芸能

矢田亜希子、映画「不能犯」で迫真演技も噴出した“意外な反応”とは?

 松坂桃李が主演を務め、2月1日から公開される映画「不能犯」。人気マンガが原作の同作品は、邦画では珍しい本格派の“サスペンス・エンタテインメント”。

 不思議な瞳の力で人を操り立証できない犯罪を次々と繰り返す松坂演じるダークヒーローと沢尻エリカ演じる女性刑事のアクションシーンを交えた対決が見どころの同作だが、他にも魅力的なキャストが多く出演している。

 そのひとりが沢尻の先輩刑事役を務める矢田亜希子。

物語の前半に重大な役割を担う矢田だが、同作での彼女に関して様々な反応が──。

「彼女は近年、多くの刑事ドラマに出演していますが、それらを上回る“新境地”ともいえる迫真の演技を『不能犯』で見せていました」と語るのは配給会社関係者だが、矢田を賞賛する声が多い中、こんな“意外な反応”も。

「矢田目当てで見に行ったのですが、彼女にはガッカリしましたね」と、思い入れたっぷりに語るのは同作の試写会に足を運んだという芸能記者だ。いったい、矢田の何にガッカリ?

「ズバリ言えば、艶シーンですよ。原作では、彼女が演じる女刑事が夜の公園で激しい『男女の営み』に及ぶ野外シーンが確かにあったのですが、映画では完全にカットされていて。肩透かしを食らってしまった。映画自体は本当におもしろかったのですが…」(前出・芸能記者)

 幻となった矢田の「野外」シーン。映画自体は好評な模様だが、そこを期待していた向きには「残念!」とお伝えしておきたい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ