スポーツ

伝説の引き分けの舞台裏!(1)プロ野球 元ロッテ高澤秀昭が語る「川崎球場10・19」の劇的同点弾 「阿波野のスクリューに体が勝手に反応した」

 88年のパ・リーグ最終戦10・19は、多くのプロ野球ファンにとって忘れられない一日であった。優勝を目前にした、今はなき近鉄バファローズの夢を打ち砕いた元ロッテ・高澤秀昭氏(53)のホームラン秘話とは?

 近鉄が連勝すれば優勝が決まる、そんな状況の中、ダブルヘッダーの第1試合が始まった。
「ロッテは順位が決まっていて、消化試合の一つでしかなかった。でも、有藤監督にミーティングで、『西武も近鉄も優勝がかかっている。どちらにも恥ずかしくない試合をしよう』と言われ、その気持ちで臨みました」
 高澤は4番センターで出場、個人的に首位打者のタイトルもかかっていた。しかし、近鉄が奇跡的な逆転勝利を収めたこの第1試合では、高澤は3打席凡退に終わってしまう。 「これ以上やっても打てる気がしなかった。打率の計算をしてくれていた首脳陣の『ちょっと代わろうか』という声に甘えました」
 ゲーム途中で交代し、次戦に備えた高澤だったが、「『同点で終わるかな』と思っていた試合も、梨田さん(現・日本ハム監督)の劇的なヒットで勝ち越した。やっぱり優勝争いをしているチームの粘りは凄い、この流れで2試合目もやられるかも。そんなふうに思いましたね」
 しかし、高澤が考えるほど、勝利の女神は甘くはなかった。第2戦は、1戦目にも増してシーソーゲームの様相を呈したのだ。そんな中、苦しんだ近鉄が8回表、ブライアントのホームランで1点を勝ち越す。ところが8回裏、ピッチャーは近鉄の絶対エース・阿波野、バッターは高澤。
「カウントは2−3。ストレートを右方向に打つ準備をしていたら、来たのが外へ逃げていくスクリュー。遅い球だったので待ちきれずに振ったら、体が勝手に反応してバットがうまく返った。それまで同じ球を空振りしていたのですが、たまたま前の球よりも内に高く入ってきたので、芯に当たった感覚がありましたね。引っ張るというよりも引っ掛かるという感じで、正直、打った瞬間はホームランになるなんて、まったく思わなかった」
 打球はレフトスタンドにライナーで突き刺さり、同点に。川崎球場が、いや全国の野球ファンが静まり返った瞬間だ。この時の率直な心境は、
「『あ、入っちゃった』という感じ。川崎球場は当時でもかなり狭い球場でしたから。2試合目は1本ヒットが出ていたんです。首位打者のタイトル的には、かなり楽な気持ちになっていた。この試合もノーヒットだったら、ひょっとしたら結果は違っていたかもしれない。時間制限で優勝がなくなっても1イニング守備につかなければいけない近鉄の選手たちを見ながら、『どんな気持ちなんだろう』と思ったことを覚えています」
 かくして球史に残る伝説の引き分けは幕を閉じた。
「近鉄がポンポンと連勝して優勝していたら、ここまで語り継がれる試合にはならなかったはず。いろんな要素が絡み合って、あの奇跡みたいな試合ができた。今となっては、それに関われて本当にラッキーだったと思いますよ」

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ