芸能

美女アナ「オトコ漁り現場」をお忍び実況!(3)恋愛体質のテレ朝・斎藤ちはるを局が“熱愛封じ”?

 長引くコロナ禍では、女子アナの出会いにも異変が生じている。

 情報番組スタッフが内幕を耳打ちする。

「これまでは毎晩のようにどこかで飲んでいたテレビ業界の人間が、おおっぴらに飲み会ができなくなった。中でもテレ朝では、緊急事態宣言下の昨年8月に五輪の中継スタッフが打ち上げと称して大宴会を開き、泥酔した女性社員がビルから転落した事故があったことで、上層部から『絶対に不用意な行動をするな』と釘をさされているんです」

 こうした状況下で、ヤキモキしていたのが同局の斎藤ちはるアナ(25)だ。

「斎藤アナは昨年の夏前まで交際していた“赤坂のドン・ファン”ことTBSの小林廣輝アナ(28)と別れて以降、コロナのせいで新たな出会いに恵まれず焦っていました」

 と明かす斎藤アナに近い番組スタッフによれば、そこで活路を求めたのが非接触型の出会いだったようで‥‥。

「親しい同僚から誘われたのが、自宅からZoomで参加するオンラインでの合コン。以来、積極的に参加し、昨年末に交際をスタートさせたジャニーズ系のイケメンとの最初の出会いもオンラインがきっかけだったんですよ」

 もっとも、局内では悪い虫が付かないよう彼女の恋愛体質に歯止めをかける動きが見られたとも。

「今春から早朝の『グッド!モーニング』に起用されたのは、早寝するように追い込み、できるだけオトコを遠ざけようとする“熱愛封じ”と言われています。これが功を奏して、最近は交際中の彼氏とほとんど会えていない様子です」(番組スタッフ)

 ネットに限らず、局内の“密室”に突破口を見出すケースも出てきた。

「昨年5月、テレ朝・山本雪乃アナ(30)に千葉の病院に勤務する医療関係者との熱愛が発覚しましたが、コトの発端は局に出入りしている女性スタイリスト。山本アナから『いい人がいたら紹介して』と相談されていたそうです」(番組スタッフ)

 フリーアナの大島由香里(38)はマッチングアプリの使用まで秒読み段階に入っている。2月に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、離婚から3年が経過したこともあって、

「コロナ禍でマジで出会いがない」

「本気でマッチングアプリを考えた」

 こう言って苦しい胸の内を明かしたものだ。

「大島は4月20日放送の『ホンマでっか!?TV』に出演。マッチングアプリで彼氏を見つけた新山千春に『なんてアプリですか?』と大マジメに直球質問していました。どうやら彼女は、すでにアプリをインストールしてプロフィールを登録しているそうですよ」(テレビ関係者)

 新たな出会いの報告はあるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場