社会

緊急摘発!120人「浜名湖畔の大乱行」を主催した50代不貞カップルの「いかがわしすぎる素顔」

 まだ夜も深い未明。小雨が降る浜名湖畔を一望できる2階建て貸別荘の周辺に、150人態勢で待機する警察官、捜査関係者の姿があった。建物の中では、和室に敷いた布団に雑魚寝する中年夫婦、大広間で酒を汲み交わしながら団欒する男女グループ、はたまた彼らの注目を浴びるべく、スッポンポンで肌を合わせるカップルが…。各々が宴の後のリラックスタイムを過ごしていた。ものの数分後にガサ入れが入るとも知らずに──。

 6月12日、静岡県警と湖西署は、120人規模のいかがわしいパーティーを主催したとして、自称自衛官の田渕照明容疑者と、自称看護師の加藤砂恵子容疑者を公然わいせつほう助の疑いで逮捕した。2人は、スワップ界隈で有名な不貞カップルだったという。パーティーに参加した中年男性が語る。

「2人は『シュン&リンコ』というハンドルネームで活動していました。『シュンさん』と呼ばれる田渕容疑者は、170センチ台後半の身長に贅肉のないガリマッチョ、髪型はスポーツ刈りのさわやかな塩顔です。よく『第一空挺団』とプリントされたTシャツを着て、パーティーに参加していました。今回のイベントでは、乱行に参加することはありませんでしたが、いつもは『リンコ』こと加藤容疑者と積極的に参加。すでに2人とも勾留請求が棄却され、釈放されています」

 突然の逮捕劇に、千葉県にある田渕容疑者の自宅周辺の住民も、驚きを隠せない。

「奥さんと高校生と中学生の男の子がいるだけに、ビックリしました。あまりご近所付き合いの深い地域ではないので、家族のことはあまり詳しくないけれど、息子さんが小学生の頃に、よく一緒に住宅街をランニングしていたのを覚えています。交差点の死角でサボる息子たちを叱るシーンもありましたね。英語の塾に通わせる、教育熱心なお父さんのイメージでした」

 6月16日に自宅のインターホンを押せば、家に残された妻が「何も知らないんです」と力ない声で応対し…。

 マリンスポーツが盛んな行楽地で開催された酒池肉林パーティーは、いかにして運営されてきたのか。発売中の「週刊アサヒ芸能」6月30日号では、120人が集結した現場を再現ルポ。参加者の証言をもとに、乱行サークル内の内輪揉めなども含めて詳報している。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…