芸能

中森明菜 新曲の売り上げも振るわず…紅白出場どころか開店休業な日々

20151029k

 昨年、ニューヨークからの中継出演をした紅白で高視聴率を記録。体調不良で10年から無期限活動休止していた中森明菜(50)への関心は依然として高い。今年こそ完全復活するはずだったが‥‥。

「8月下旬、明菜はファンクラブの会報で、夏にレコーディングで訪れたロサンゼルスでのバカンス写真を公開しました。昨年の紅白出演時と比べ、痩せたように見えたが、表情は明るかった。久々にファンの前に姿を見せる日も近いと思われていたのですが‥‥」(レコード会社関係者)

 というのも、直後の9月30日は、明菜にとって節目となる通算50枚目のシングル「unfixable」の発売日だった。

「曲の日本語訳が『再生不能』であることなど、発売前から話題にはなっていた。あとは、明菜が何らかの形でメディアに登場すれば、これ以上ないプロモーションでヒットが望めたはずでした」(前出・レコード会社関係者)

 しかし、蓋を開けてみるとオリコン初登場から20位と低迷。5000枚を売り上げるのがやっとで、現状1万枚にも届かない。そして明菜も姿を見せない。

 一方、新曲と同日発売された、過去のNHK番組出演映像を収録したDVDボックスは、2万1600円と高額にもかかわらず、約4000枚を売り上げオリコンの音楽DVD・ブルーレイの売り上げランキングでは初登場11位と躍進。

「昨年8月に発売された2枚のベストアルバムも計25万枚以上を売り上げた。また、昨年の紅白で披露し、今年1月に発売した5年4カ月ぶりの新曲『Rojo-Tierra-』は期待値もあってか、オリコンで約20年ぶりにトップ10入りを果たしていただけに、新曲の落ち込みぶりは関係者も想定外だった。結局、明菜に求められているのは過去の思い出だったんですよ。そしてファンが渇望しているのは生歌を歌う明菜だということも浮き彫りになった。もし、今の明菜がディナーショーを開催すれば、たとえチケットが10万円でもプラチナチケット化するでしょう」(レコード会社関係者)

 年明けの1月9日にはNHKで紅白出演までの舞台裏に迫ったドキュメンタリー番組も放送された。

「紅白出演後の年明けは体調がよく、5月にニューアルバムを発売し、7月にはニューアルバムをひっ提げてコンサートを開催という計画だった。ところが、その後、再び体調がよくなったり悪くなったり、とても人前に出られる状態ではなくなってしまい、結局、今年のスケジュールは白紙の『開店休業』状態です。もっぱら、去年やっと再開できた散歩の日々のようです。相変わらず、同じマンションの別フロアに住む男性マネージャーが明菜を支えていますが、明菜は彼のことしか信用していないようです」(女性誌記者)

 すでに、紅白の歌手選考はスタートしているが、今のところ、今年の目玉はタモリの総合司会かと思いきや辞退する形となり、話題性に事欠いているのは事実である。

「NHKの紅白制作陣にとって、明菜にスタジオで生歌を歌わせるのは悲願。最後の最後まで、“リハーサル免除”など、明菜が快適に歌える状態を作るため、さまざまな譲歩をして交渉するようです」(芸能デスク)

 今年の紅白で元気な姿を見せ、「再生可能」であることを証明してほしいものだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由