大気汚染

政治

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(7)地下「有害物質」危険度

9月10日、小池知事が緊急記者会見にて明らかにした地下空洞問題。会見で、「いつ、どこで、誰が何を決めたのか明らかにする」と憤った。「地下空洞にたまった地下水からは、多様な有害物質が検出されている。環境基準値内ではあるものの鉛、ヒ素、六価クロ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
社会

ボロボロ中国が抱える“虚勢大国”の問題点(6)「環境編」その2

PM2.5だけではない。中国を脅かすのが将来のパンデミック(世界的大流行)がささやかれる鳥インフルエンザである。現在、中国国内で拡大しているのはH7N9型だが、数年後にはH5N1型がパンデミックになるかもしれないと言われている。中国では今年…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

ボロボロ中国が抱える“虚勢大国”の問題点(5)「環境編」その1

PM2.5による大気汚染が進む北京は、もはや国際的なスポーツの祭典が開催できる都市ではないとの指摘がある。そして鳥インフルエンザ。環境問題の面でも、中国は日本を巻き添えにする危険をはらみながら死の淵に直面している。「10月20日の北京マラソ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中国大気汚染で子供たちが危ない!鼻血・ぜんそく・心臓発作の危険性が…

10月21日、中国東北部のハルビン市では数十メートル先も見えないほどの深刻な大気汚染が発生。主な原因であるPM2.5の濃度は、1立方メートル当たり1000マイクログラムを超えて計測不能となった。これら中国発の大気汚染がこれからの季節、海を越…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |