尾崎将司

スポーツ

1964年の選抜で徳島海南を初出場初優勝へ導いたのちの名プロゴルファー!

1924年の第1回大会から数えて今大会で90回を迎える春の選抜。長い歴史を誇るだけに、歴代の優勝校にはこんな珍しいチームもある。1964年第36回大会で史上6校目となる初出場初優勝を果たした徳島海南である。前年の秋。四国大会でベスト4に残っ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(3)ジャンボの道具を参考に!

つまり、尾崎は「結果が出なければクラブを置く」という事実上の引退宣言を翻したのだ。「ジャンボはもう一度予選をクリアして優勝争いを演じたいんだと思いますが、最後の賞金は13年4月の『つるやオープン』の30万8400円。男子レギュラーツアー史上…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(2)イスに腰かけてジッと観察

主催者の粋な計らいの裏には、松山からのラブコールがあった。「最初は、主催者で松山とクラブ契約するダンロップからの指名かと思っていましたが、最終日の会見で、松山が自分の希望だったことを明かした。日本で94勝し、メジャーでジャック・ニクラスやア…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(1)「俺は日本しか見てなかった」

いよいよ年末、ゴルフ界も来シーズンを見据えた動きが慌ただしい。「引退」の決断が現実味を帯びていたのはジャンボ尾崎だが、なんと「現役続行」を宣言。70歳のレジェンドを再び奮い立たせたのは、世界と戦う日本のエースだった。11月16日から4日間に…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
特集

「ジャンボ&松山」同組ラウンドで化学反応

Sponsored

11月16日から4日間にわたって行われた「ダンロップフェニックストーナメント」は、世界ランク4位の松山英樹が今季唯一参戦する国内ツアー戦とあって話題を呼んだ。同時に日本ゴルフ界のレジェンド・尾崎将司の去就発言にも注目が集まった。スポーツ紙デ…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
スポーツ

ジャンボ尾崎 ツアー撤退示唆までの「賞金ゼロ生活」苦闘内幕!(1)副作用で違うところが痛い

男子ゴルフ通算113勝を誇るレジェンドに、第一線を退く日が近づいてきた。今季の戦いを終えて出てきた言葉は、「燃える男」にふさわしくない弱音。ボロボロの体が悲鳴を上げ、賞金も稼げない苦闘の日々に、とうとう「決断」が下されるというのだが──。1…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |