永井豪

芸能

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第6回>チャゲ&飛鳥(3)

恭平は、チャゲアスと同じく「博多第二世代」と呼べる、長渕剛とも親友である。「剛にも飛鳥にも共通するのは、ちゃんと女の子が共感できる歌を書けること。飛鳥にはレコードになっていない曲もたくさんあるけど、剛よりもさらに可能性を感じた」そして才能は…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(15)漫画家の卵を編集者たちが支えた

今でこそ漫画は日本の誇る文化と位置づけられているが、ジャンプ創刊から間もない60年代後半から70年代には、まだまだ新興産業であった。新人作家が中心だったジャンプだが、産業としても未成熟で、今からするとおおらかなエピソードも多い。ある意味では…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(14)本宮らしい豪快な話

永井とともに初期のジャンプの大飛躍の立て役者となった本宮も新人時代のエピソードには事欠かない。「男一匹ガキ大将」の連載を突然終わらせようとした話などは特に有名だ。「富士山の裾野で主人公がライバルと対決する回でね。(主人公の万吉がライバルに竹…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(13)「ハレンチ学園」作品の中でのスカートめくりは1回だけ

ジャンプの新人重視路線は、創刊からわずか数カ月で花開くことになる。68年の暮れに始まった本宮ひろ志の「男一匹ガキ大将」と、永井豪の学園ギャグ「ハレンチ学園」がいきなり大ヒットを記録したのだ。「男一匹ガキ大将」は、男気あふれる主人公・戸川万吉…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(12)創刊当時は10万5000部だった

今でこそ「週刊少年ジャンプ」は少年漫画誌の代表格のイメージだが、創刊当初は後発もいいところ。先発少年誌に有名漫画家はすでに囲われた格好で、やむなく新人重視主義をとらざるをえなかった。しかし、この点こそが飛躍の原動力となったという当時の「激動…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |