鳥山明

政治

石破茂元幹事長が魔神ブウに変身!「そっくりすぎて怖い」の声続々

「まさかここまで似ているとは…」自民党の石破茂元幹事長が披露したアニメキャラの扮装に驚きの声が上がっている。4月1日、鳥取県倉吉市で行われたフィギュア展示施設完成披露イベントでのこと。来賓として出席した石破氏は、何と漫画「ドラゴンボール」の…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
スポーツ

糸井&柳田、球界2大“天然”選手の会話成立の鍵は「スーパーサイヤ人」!?

グアムでの合同自主トレから帰国した柳田悠岐(ソフトバンク)が、共に練習をしていた糸井嘉男(阪神)の肉体に驚きの声を上げたことを日刊スポーツが報じた。「また体が大きくなっていましたよ。同じ人間とは思えません。ちょっとハンパじゃないですね」そう…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
エンタメ

鳥山明「パラダイス文書に名前」騒動で再注目される税金ギョーテン伝説!

11月5日に公表された「パラダイス文書」を巡って、「ドラゴンボール」などのヒット作で知られるマンガ家の鳥山明に注目が集まっている。鳥山にはアメリカの不動産に出資することで“税逃れ”した疑惑が指摘されており、本人は「税務面は第三者に任せている…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
社会

「原発と地方紙」癒着暴露本でわかった収賄全貌!(2)安全神話から安心神話へ転換

さらに86年には、人類史上初のレベル7事故である、チェルノブイリ原発事故が起こる。この年、青森県の東奥日報では、年間なんと777段もの記録的な原発広告が掲載された。なぜか──。「歴代最高の出稿記録です。この年、青森県『六ヶ所村再処理工場』建…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(3)江口にとっては極限状態も楽しい思い出

漫画ファンならば、数奇な運命を感じざるをえないのではないか。江口が「月刊少年ジャンプ」で連載をしていたら、「キン肉マン」は誕生しなかったかもしれない。そして、何より我々がより多くの江口作品を享受できたかもしれない。江口は「すすめ!!パイレー…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(2)江口はもっぱら“少年マガジン”の愛読者たっだ

鳥山の異色さは、その制作方法だけではない。描き上げた当時の作品を見てもわかる。当時の漫画家なら常識的に使用していたスクリーントーン(切り貼りして使う点描などの画材)をほとんど使っていないのだ。田中が続ける。「トーンを使わない理由も『面倒だか…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(1)修羅場皆無の穏やかな鳥山の仕事場

年間1万点を超える単行本が刊行される漫画業界において、消え去る作品は多い。だが、我々の青春の1ページには「週刊少年ジャンプ」を彩ったキャラクター、ストーリーがしっかりと刻み込まれている。その“名作誕生”の裏側には作り手側の青春群像があった!…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |