芸能

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

毎週、そのストーリー展開に注目が集まる「あまちゃん」。そして、視聴率30%を叩き出して絶好調の「半沢直樹」。今年のドラマの顔とも言えるそれぞれの主演・能年玲奈と堺雅人の“夢の共演”プランが急浮上しているという。実現すれば視聴率40%も夢では…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(2)10代でも興行が打てれば「先生」と呼ばれる

当時の歌謡界は「興行師」と呼ばれる者たちが全国にいた。客を呼べる人気歌手を呼び、近隣の地域を含めて何カ所かの興行が組めるようにスケジュールを調整する。藤圭子のように10代であっても、興行が打てれば「先生」とか「看板」と呼ばれる世界だった。「…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
社会

「はだしのゲン」でくすぶる残り火(2)指導要領に合致しているかが問題

この問題を別の角度から分析するのは、高崎経済大学の八木秀次教授だ。「この騒動には最初から違和感を持っていました。そもそも『はだしのゲン』は学校図書、特に小学校の図書室に置く本としてふさわしいのかについて論議すべき。それが『表現の自由』などと…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
芸能

体当たり艶技に初挑戦する桐谷美玲の正念場

ドラマ「斉藤さん」から「NEWSZERO」まで硬軟に幅広く活躍中の桐谷美玲が、2度目の舞台に挑戦する。その中で、ラブシーンに初挑戦するのだ。桐谷が主演を務めるのは「飛龍伝21~殺戮の秋~」だ。故・つかこうへいの代表作と知られているが、それ以…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , |
女子アナ

山岸舞彩争奪戦にあのミヤネも参戦

今年4月から「NEWSZERO」のキャスターに就任した山岸舞彩。その直後の6月に同番組のプロデューサーが、セクハラ問題で更迭されるという騒動も浮上した。日本テレビ関係者が語る。「問題となったプロデューサーは、たびたび山岸にもデートのお誘いメ…

カテゴリー: 女子アナ | タグ: , , , , , , , , |
芸能

島田洋七「“佐賀のがばいばあちゃん”出版エピソード」

1980年代の漫才ブーム。この時、レギュラー番組をテレビ週14本、ラジオ週5本も抱えていた島田洋七(63)は芸能界の頂点にいた。だが、それから4年で、屈辱の日々を送ることになる。──19本あったレギュラー番組が、漫才ブームの終焉とともに次々…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

萩本欽一「坂上二郎さんから運命の日の電話」(2)

熱海から帰ったその日に連絡僕はその後「浅草新喜劇」という劇団を作り、その舞台をTBSテレビの向井さんというディレクターがたまたま観ていてくれて、テレビ出演の道が開けます。僕はテレビの生CM出演のチャンスに、NG19回という大失敗をし、一時期…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

宮崎駿引退の裏で実写版「魔女の宅急便」に白い目

「風立ちぬ」の製作を最後に、引退を表明した宮崎駿監督(72)。累計興行収入80億円を突破し(8月26日現在)、次回作にも期待がかかる中での衝撃ニュースに、新聞やテレビは大きく取り上げ、その偉大な功績を称えた。だが、その裏でビミョーな空気とな…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , |
芸能

“5年間で5億円”藤圭子、無頼ギャンブル人生の虚飾

98年、一粒種の娘・ヒカルの歌手デビューにより、藤圭子は“宇多田ママ”として芸能界に捲土重来を期した。みずからが表舞台に立つことはなかったが、その8年後の06年、思わぬ形で大衆の好奇の目にさらされることになる。それがギャンブルだった。スポー…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
スポーツ

本田圭佑の移籍消滅は、「やっぱり」の“既定路線”だった

サッカー日本代表MF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)の、ACミラン移籍話が完全消滅した。スポーツ紙は連日のように名門クラブへの移籍秒読みと報じていたが、実際のところ、ミラン側はそこまでノリ気ではなかったと言うのは、海外在住のサッカーライタ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , |
政治

渡辺喜美VS柿沢未途“おかしいのはオマエだ”(1)反乱分子となった懐刀を追放

自民圧勝の7月参院選でも順調に議席を伸ばした「みんなの党」。しかし、結党4年を目前に、突然、党の重職を更迭し、離党させる騒動が勃発した。本誌は当事者2人にインタビューを敢行。順調に見える党勢の背後で「紙爆弾」さえバラまかれる激しい暗闘があっ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(11)宮下の“生き返り演出”は1度で2度おいしい

「魁!!男塾」のもう一つの“名物”は、何度も死んではよみがえるキャラクターたち。バトル展開になって以降、「男塾」では多くのキャラクターが戦いの中で命を落としていくが、感動的な死のあと、しばらくすると多くのキャラクターがあっさり「実は生きてい…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(10)「魁!!男塾」のさまざまなギミックが記憶に残る

痛恨トラブルで連載終了となったデビュー作。その、しばらくあとに連載開始となったのが、さらなるヒット連載となった「魁!!男塾」だ。同作品はストーリーもさることながら、作中のさまざまなギミック(仕掛け)が多くの読者の記憶に残ることとなる。その一…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
芸能

藤圭子の自由奔放な恋愛遍歴

生涯に結婚した相手こそ2人だけだった藤圭子だが、絶世の美貌を世の男女が放っておくはずがなかった。謎の多かった私生活での魔性素顔のベールを剥ぐ。69年に「新宿の女」で鮮烈なデビューをし、瞬く間にスター歌手となった藤だが、そのわずか2年後の71…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |