事件

紳助親分のご乱心(4)業界で囁かれるカウスが紳助を「刺した」説を追う!

紳助親分の突然の引退は、今もって謎が多い。それゆえ、いまだに裏で誰かが絵を描いたと考えられている。特に、業界内では、「怪芸人」と呼ばれる〝あの人〟が黒幕なのではとささやかれている。あらためて、中田カウス(62)が紳助を「刺した」説を追った!…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
エンタメ

憧れの「特撮ヒロイン」に会いたい!(4)インタビュー林寛子「変身忍者嵐」 小6で演じたくノ一忍者の本気戦闘シーン 「みぞおちを殴られてマジで失神しちゃった」

変身モノがブームだった72年、ついには時代劇に発展したのが「変身忍者嵐」(MBS)だった。のちに「素敵なラブリーボーイ」などのヒットを放つ林寛子(52)は、同作で可憐なヒロインに扮している。…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
エンタメ

テリー伊藤 対談 手島優(4)手島は誰かに騙されてる!

テリー手島はもっとしっかり男を見極めないと。手島でも、だいたいみんな猫かぶってるでしょう。私、だまされやすいみたい。すぐ同情しちゃうんです。テリー例えば?…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
事件

福島第一原発の真実!(4)作業員同士の会話はゼロ

免震棟を出た我々は、問題の原子炉建屋を目指して敷地内を歩き回りました。免震棟の周りは広い駐車場になっており、作業員や東電社員が乗ってきたバンやトラックが駐車されている。駐車スペースがとぎれたところを右折すると、山岡氏は広い道路に出た。そこを…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
芸能

ワイド 美女の舌なめずり酒井法子 「タトゥー消し」「独占告白」で復帰秒読み 「〝あの人はいま〟にはなりたくないッ」

「家でテレビを見ていると、やっぱり、ああ、楽しそうだなと羨ましくなります」。10月22日号の「婦人公論」で芸能界への未練を告白した酒井法子(40)。その裏には「〝あの人はいま〟になりたくない」という焦りがあるのだというのだ。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
エンタメ

テリー伊藤 対談 手島優(3)本当の私は全然チャラくない!

テリー男のほうはどうなってるの?手島いないです、ずっと。好きな人はできるんですよ。でも、つきあうまでにいかないんです。テリー何で?…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
エンタメ

憧れの「特撮ヒロイン」に会いたい!(3)有名女優の「ワキ役過去」 満島ひかりは「地球防衛軍」のアンロドイド役 ベッキーが「星人」役でパンチラ披露していた

特撮モノには意外な有名美女がワキ役で華を添えていることが実に多い。さて、アナタは何人ぐらい気づいていたかな?…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
事件

福島第一原発の真実!(3)災害対策本部も「見学」した

僕はテロリストではない。でも、こんなに脇が甘いのではテロリストに入ってくれと言わんばかりじゃないですか。あれじゃ、爆弾も凶器も持ち込み放題ですよ。簡単に原発の中で爆破テロや事件を起こし、さらなる被害を出すこともできたはずです。…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
事件

紳助親分のご乱心(3)クローゼットの中に女が‥‥

寂しがり屋でワガママな紳助親分だが、もはや周囲にきらびやかな芸能人を集めることはできない。今や紳助に連絡を取ろうとする芸能人もほぼ皆無。ただ一人、上地雄輔(32)を除いては‥‥。前出・プロダクション幹部はこう話す。…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
芸能

ワイド 美女の舌なめずり鈴木京香 新恋人発覚で9歳年下男との「濃厚私生活」 「会員制バーで酔ってしなだれかかり…」

女優の鈴木京香(43)に突如、熱愛報道が飛び出した。しかも相手は、現在公開中の映画「セカンドバージン」で共演している9歳年下の長谷川博己(34)。業界内では「ヤラセ」説が強いが、そこには隠された真相があるようだ‥‥。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
事件

紳助親分のご乱心(2)親分の「局部」への強い執着

報道番組のキャスターも務めていた紳助親分の意外な〝露出癖〟。確かに、引退後の報道には、その性癖が見え隠れしている。…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
エンタメ

テリー伊藤 対談 手島優(2)売れるまでは何やってた?

テリープロダクションに所属して、どんなことをやってたの?手島女優業ですけど、実際はちょっとセリフのあるエキストラみたいなことをしてました。…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
事件

福島第一原発の真実!(2)不審者入り放題の管理体制

そうこうしているうちに、第一原発の免震棟に到着しました。免震棟は原発の司令部兼作業員の待機場所となっている所で、テレビでたびたび紹介される対策本部が設置されています。震度7の揺れにも耐えられるよう設計してある建物です。…

カテゴリー: 事件 | タグ: |
エンタメ

憧れの「特撮ヒロイン」に会いたい!(2)インタビュー桜井浩子「初代ウルトラマン」 実相寺昭雄監督の鬼才演出で大ゲンカに 「女優を広角レンズで撮るなんて…」

「これから30分、あなたの目はあなたの身体を離れ、この不思議な時間の中に入ってゆくのです」――石坂浩二のナレーションとともに、日本のテレビドラマ初の特撮アンソロジーである「ウルトラQ」(66年)が始まった。そして桜井浩子(65)もまた、「特…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |