スポーツ

ダルビッシュを狙う「古閑美保VS明日花キララ」(3)「このチームにはいらない」

ところで、女子アスリートに、AV女優と、羨ましすぎるラブコールを一身に受けてきたダルだが、渡米に際して古巣・日本ハム内からは、こんな厳しい声も出ているという。「移籍前から、とある首脳陣の一人が『チームのために、出て行ってほしい』と口にしてい…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(3)

プロ野球選手を一流にするのも、ダメにするのも妻しだい。楚々とした大和撫子では決して務まらない、超一流と言われるスーパースターの妻たちの恐るべき「亭主操縦術」に迫る!…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
政治

橋下徹市長「あいりん特区」構想の勝算(3)疑問が残る「特区の効果」

だがその一方で、あいりん地区が、歴史的に社会的弱者の受け皿となってきた側面も無視できないだろう。西成区の不動産業者は、厳しい実情を明かす。…

カテゴリー: 政治 | タグ: |
エンタメ

あの「衝撃発言」の主役は今 耐震偽装事件「ヒューザー」小嶋進元社長

05年11月に発覚した「耐震偽装問題」。元一級建築士の姉歯秀次氏は、マンション販売会社「ヒューザー」などの圧力により、偽造に手を染めたと告白。渦中の小嶋進社長は、「ふざけんじゃねえよ」と国会での答弁で怒りをぶちまけ、物議を醸した。あれから、…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
スポーツ

錦織圭「育ての親」が明かす「エア・ケイ」誕生秘話(2)ひ弱ですぐに発熱していた

強力な肉体もさることながら、かねてより定評のあった技術力の向上も、今回の大躍進につながる大きな要因だと、米沢氏は主張する。「以前と比べ、サーブ力が上がりました。もともと、サーブは出会った頃から苦手でした。あまりにもダメなので、毎日2時間かけ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

ダルビッシュを狙う「古閑美保VS明日花キララ」(2)別のAV女優も同席させた

「あの子」とは、意外にも、あの人気AV女優・明日花キララ(23)だというのである。アサ芸読者ならば、エキゾチックな顔だちとB90・W58・H83でGカップという、メジャー級の極上ボディが目に浮かぶはずだ。とはいえ、まさか日本球界のエースと接…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(2)

一流の野球人といえば、やはり高年俸。金持ちとなれば、やはり高根の花と言われる美女との出会いがあり、ついでに「信じられない」ほどの守銭奴とも縁があるというわけ(笑)…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
社会

田原総一朗らが「暴排条例」に反対声明

1月24日、「暴排条例」の廃止と今国会で上程予定の「暴対法」改正案に異議を唱える表現者たちが共同声明を発表した。…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
政治

橋下徹市長「あいりん特区」構想の勝算(2)生活保護の増大が財政を圧迫

西成区あいりん地区――。日雇い労働者の街として知られ、3万人もの労働者が生活しているとされている。現在、西成区の人口は約12万人。そのうちの実に、4人に1人がわずか半径300メートルの土地に、ひしめいているのだ。しかも西成区は、大阪市内でも…

カテゴリー: 政治 | タグ: |
スポーツ

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(1)

プロ野球もいよいよキャンプが始まり、春にはまたファンを一喜一憂させてくれるだろう。そんな選手たちをプレーに専念させているのが、陰で支える妻たちの存在だ。女子アナ、タレント、素人妻まで夫を操縦す「女王妻」の評判をランキング形式で一挙大公開!…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

ダルビッシュを狙う「古閑美保VS明日花キララ」(1)毎晩、同じ部屋に消えた

晴れて独身となったダルビッシュが、いよいよメジャーの舞台で大暴れする。とはいえ、日本人ナンバーワン投手の「争奪戦」は、レンジャーズ入りで終わったわけではない。ラブコールがやまないモテ男は、パートナーを1人に限定することなどできるのだろうか。…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

錦織圭「育ての親」が明かす「エア・ケイ」誕生秘話(1)予想外でトリッキーな動き

テニスの4大大会の一つ「全豪オープン」で、日本人選手として80年ぶりとなるベスト8に躍進した錦織圭。決して恵まれた体格とは言えないこの若きエースは、いかにして大舞台へとのし上がってきたのか。「育ての親」が知られざる、そして意外な育成秘話を語…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
社会

有名書評家が石原慎太郎を毒舌ブッタ斬り

ふだんから小説に親しむ者以外にとっては、さほど関心のなかった文学賞を身近な話題にしてくれた‥‥。それが、「共喰い」で第146回芥川賞を受賞した田中慎弥氏(39)だ。…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
政治

橋下徹市長「あいりん特区」構想の勝算(1)「大阪府構想」の突破口に

1月18日、突如、記者団の前で、橋下徹市長が打ち出した「あいりん特区」構想。日本で最大の日雇い労働者の街に子育て世代を呼び込むため、固定資産税や市民税を一定期間免除する構想を明らかにしたのだ。だが、あまりにも唐突な発言に、その実現性を疑問視…

カテゴリー: 政治 |