芸能

「性加害報道」松本人志が語っていた「過激なオンナ遊び」夜中にインターホンが…【アサ芸プラス2024年1月BEST】

 テレビからすっかり消え、その後の動向が伝わってこないダウンタウン・松本人志。二の矢、三の矢が放たれ、猛攻撃を食らう超大物芸人はこれから、どんな状況に見舞われていくのか。自らを失脚させた報道に対し、名誉毀損による5億5000万円の損害賠償請求と訂正記事の掲載を求めて提訴したというが、過去の発言を辿っていくと、危なそうな「女遊び」に関するものが出てきたのである。(2024年1月7日配信)

 昨年末に「文春オンライン」が報じた、ダウンタウン・松本人志の「性加害疑惑」をめぐり、テレビ局やCMスポンサーである大手企業は、年頭からその対応に大わらわのようだ。「全くの事実無根で名誉棄損」という吉本興業側に対し、「記事には絶対の自信がある」とする文春サイド。両者一歩も引かぬ姿勢が続く以上、事実関係については今後、裁判などで明らかになっていくだろうが、今回の問題発覚でにわかに話題になっているのが、松本が過去に語っていた「女遊び」ネタである。

 2009年5月に結婚し、現在は中学生の娘を持つ松本だが、独身時代はラジオ番組等で「オレら、もうしゃべられへんようなこと、いっぱいありますからね」「そらもう女遊びでも、度を越すようなこと、やってましたよ」と、具体的な内容は伏せたものの、過激な女性遊びをしていたと告白している。事実、1994年に出版した自著「遺書」の中でも「笑いに魂を売った男は毛ジラミ程度で動じない」と題し、毛ジラミをうつされた話に多くのページを割くなど、その自由奔放な素顔を自ら綴っていた。

 ちなみに、松本が同著を出版したのは31歳の時。出版後、2カ月足らずで60万部を突破したが、筆者の元にも出版元の朝日新聞社関係者から会見開催のリリースが届き、同年11月15日、都内で行われた「60万部突破記念会見」に足を運んだものである。

 ジャケット、シャツ、パンツともに黒ずくめで登場した松本は、「遺書」という意味深なタイトルについて、

「何冊も本、出す気ないから、最初で最後という意味で付けた」

 とした上で、次のようにボケたのだった。

「こういうこと(60万部突破会見)やると、また部数増えるというあくどい考えが朝日の方にあるらしくて。そういう数字は、ウソが多いんでホンマかなと思いますが、(印税が)6000万円くらい入ってくる? どーなんでしょう~。ただ、今はとりあえず区民税は月300万円払っているんで、1日家にじっとしているだけで10万円取られています」

 そして著書の出版によって、

「(ファンは)増えたとは思わんけど、今まで僕のこと好きや思うてくれていた人が、より熱くなってきた。この間も夜中にインターホン押すおかしな女がいましてん。なんやねん。ゆーたら『松本さん、いつもテレビから私を見張ってますよね』と。そうか~悪かったな、言うたんやけど…」

 その後、松本がその女性とどうなったのかは定かではないが、この手の女性ネタが多いことから当時、複数のガールフレンドがいたことは想像に難くない。

「遺書」では「反論も悪口も大歓迎する。正々堂々と来てみやがれ!」と吠えていた松本。今回の性加害疑惑報道に対し、どのような対応を見せるのか。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化