芸能

悪女への不合格発表(3)美川憲一「はるな愛とロケそっちのけで路上説教」

 大御所タレントの美川憲一(66)が人目をはばからず大説教をかましたという。その相手は、後輩の「オネエタレント」だった。“事件”の目撃者が明かす。

「その瞬間、現場は文字どおりカチーンと凍りつきました」

 その現場とは、昨年、美川憲一とはるな愛(40)の2人のオネエ系タレントが、東京・根津をぶらぶら散歩する番組「美川憲一&はるな愛のぶらり旅」の収録中でのことだった。当初、何事もなく収録は進んでいたのだが、屋外ロケだけに思わぬハプニングに見舞われたのだという。突然見物人の一人の少年が、

「オカマ2人が歩いている!」

 と、小バカにするようなヤジを飛ばしたのだという。この言葉にカチンときたのが、美川だった。

「素人の言うことだし、相手にせず難なく見過ごすのかと思ったんですが、ムシの居どころでも悪かったのか、美川さんがみるみる不機嫌になったんです」(前出・目撃者)

 ふだんは温厚で知られる“大御所”の急変に、撮影に水を差した少年もバツが悪くなり、2人にワビを入れた。そこに一緒にいたはるなが大人の対応のひと言で反省を促したのだ。

「私たちはオカマだけど、バカにしたような言い方はしないで」

 それで話は一件落着‥‥かと思いきや、このとっさのひと言がさらに美川の機嫌を逆なでしたという。

「アンタと一緒にしないでよ!」

 と言うと、プイッとへそを曲げ、撮影は中断に追い込まれる騒動になったのだ‥‥。

 これまで、美川の旅の相方は、神田うの、浅田美代子、桜塚やっくんが務めてきたが、はるなも“新相棒”不合格の憂き目だけは何とか避けたかったのだろう。

「その後、はるなとスタッフが必死で頭を下げたこともあり、何とか美川さんの怒りは収束した様子でした」(前出・目撃者)

 間もなくして収録は再開され、美川も大人の対応でいつもの笑顔で撮影に戻っていたという。

 それにしても、大御所の逆鱗に触れてしまった理由とは?

 芸能レポーターの佐々木博之氏が解説する。

「美川さんとはるなでは“ゲイ歴”がまったく違います。それに、最近では簡単にオネエ系などの言葉でひとくくりにされていますが、長年、紅白に出演してきた実績もある美川さんが怒るのももっともな話ですよ」

 10年に19年連続の紅白連続出場記録がとだえ、昨年秋には長年所属した事務所からも独立し、心機一転を図る美川。

「独立後も、新曲『金の月』をリリース、歌手業以外でも西麻布に鉄板焼き店『みかわ』をプロデュースするなど、まだまだ意欲的に活動中です」(前出・佐々木氏)

 いっそ、はるなとの異色デュエットで紅白復帰を狙ってはどうだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」