芸能

美川憲一「『タンスにゴン』は自転車を猛練習」/テリー伊藤対談(3)

テリー 乗れなかったら困るじゃないですか。どうしたんですか。

美川 だから、ちあきに「私、悪いけど自転車に乗れないの」って言ったら、「あら、大変。どうするの?」って言われて。でも「ちあきさんの後ろから歩いてきて、『もっと端っこ歩きなさいよ』って言うのも変でしょう?」って言って。それでお昼の休憩時間に、お弁当も食べずに必死で練習したのよ。「人のいないところで練習してくる」って、ちあきさんに言って。

テリー でも、そんなの1時間かそこらですよね。

美川 だから、やっぱり本番でヨタヨタしちゃったわよね。でも、そのヨタヨタ感が「やっぱり役者さんだけあってうまいですね」って誉められたのよ。

テリー 美川さんってツキがありますよね。

美川 私のオネエキャラが生まれたのは、あのCMからですからね。それから私の芸能生活はガラッと変わりました。

テリー だって、それまではスーツ着て歌ってましたよね。

美川 そうよ。「紅顔の美少年」だったんだから。直立不動で、しゃべらない、動かない、笑わない、「3ない歌手」って言われたぐらいですから。

テリー 大ヒットした「柳ヶ瀬ブルース」の頃もそうでしたよね。でも、そんな美川さんがあんな派手な衣装で、小林幸子さんと紅白で対決するんだから人生ってわからないですね。

美川 イリュージョンだとか言って、あっちへ飛んだり、こっちへ跳ねたり(笑)。

テリー ああいう衣装って何カ月ぐらい前に決めるんですか。

美川 私はギリギリまで決めませんでした。さっちゃん(小林幸子)は機械で大きくなったりするから、随分前から用意してたんでしょうけど。私はイリュージョンだから、保険に入ったり、そっちの方が大変でした(笑)。

テリー そうか、あれ保険に入るんですね。失敗したら大事故ですもんね。

美川 そうですよ。失敗がなかったからいいですけど。さっちゃんは1回、失敗したんですよ。

テリー 衣装の電飾が点かなかったんでしたっけ。でも、ああいう衣装って、どうするんですか。

美川 処分しました、全部。解体して、捨てました。

テリー 捨てちゃうんだ。

美川 だって、必要ないでしょう。着ないもの。

テリー 置いておく場所もないですよね。

美川 はい。別のステージで使い回すわけにもいかないし。何かみみっちいじゃない。「まだ使ってるの?」「紅白に未練あるんでしょう?」なんて言われそう。

テリー でも、ああいう衣装って高いんですよね。

美川 そりゃあ、すごいですよ。何十カラットのダイヤの指輪とか、宝石も一緒に買ってましたから。

テリー うわぁ。そうすると、紅白の出演料に見合わないですよね。衣装だけで1000万ぐらい使っちゃうわけじゃないですか。

美川 もっとですよ。

テリー あ、そうなんだ。じゃあ、オファーはうれしい反面、また大金が出てっちゃうから痛し痒しですね。

美川 だから、終わった時にホッとしましたよ(笑)。

テリー ハハハハハ。

美川 それにしがみつきたい人も多いじゃないですか。だけど、あのいい時代だったからできたわけで、今は紅白も変わってますからね。

テリー だから、美川さんは一番いい時代を歌手として過ごしましたよね。

美川 そうですね、昭和40年代ですからね。一番いい時代です。黄金時代ですから。そういう意味では幸せでしたよ。

ゲスト:美川憲一(みかわ・けんいち)1946年、長野県生まれ。高校を1年で中退し、東宝芸能学校に入学。1964年、「第17期 大映ニューフェイス」に合格。1965年、シングル「だけどだけどだけど」でデビュー。1966年の「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げる大ヒットとなり、映画化もされ、初出演。その後も「釧路の女」「さそり座の女」など次々とヒットを飛ばす。その後、コロッケのモノマネや「タンスにゴン」のCMで注目され、ワイドショーやバラエティー番組に進出した。今年6月、デビュー60周年を迎え、「歌手生活60周年記念 美川憲一 コンサート2024」が6月6日(木)の大宮ソニックシティ大ホールからスタートする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し